最新版OSを試したい!iOS 10やmacOS Sierraのパブリックベータプログラムにメンバー登録する方法

Appleは7月にはiOS 10の公開ベータ版をリリースする予定です。急いで有料のAppleデベロッパプログラムに参加しなくても、数週間待てばiOS 10を体験することが出来ます。7月公開予定のiOS 10ベータ版を手に入れるには、Apple Beta Software Programより登録・申し込みする必要があります。

Public_Beta_Program

登録はApple IDでログインする簡単なものです。登録したら、あとはAppleからのメールを待つだけです。Appleは、iOS 10とmacOS Sierraのパブリックベータ版をダウンロードする準備が出来たときにメールを送付してくれます。


ただ、ベータ版は完成品ではないのでバグや不具合は付き物です。安定したオペレーティングシステムをお望みの場合には、この秋に出るより安定した正式版iOS 10やmacOS Sierraのリリースを待つという選択肢もあります。多少のリスクがあっても、最新のiOS 10、macOS Sierraに触れてみたいという場合には以下の手順でAppleのパブリック ベータ プログラムに登録してみてください。

Apple Beta Software Programにメンバー登録する方法

  1. まず、「Apple Beta Software Program」サイトにアクセスします。開いたベージの中央下にある[登録]ボタンをクリックします。
    Public_Beta_Program-01
  2. 「Apple Beta Software Program」の「Sign in」ページが表示されたら、Apple iDとパスワードを入力して[Sign in]します。
    Public_Beta_Program-02
  3. 「Apple Beta Software Program 契約」への同意ページが表示されます。契約内容を読んで[承諾]します。
    Public_Beta_Program-03

Apple Beta Software Programにメンバー登録完了です。現状ではOS X El Capitan及びiOS 9のパブリックベータ版しか取得できませんが、iOS 10とMacOS Sierraのパブリックベータ版がダウンロード可能になったら、Appleから登録Apple IDのメールアドレス宛にメールが送られてきます。

こちらの準備としては、新しいOS「iOS 10」と「macOS Sierra」を実行できるMacやiOSデバイスが必要になるので注意しましょう。


利用可能になったら、MacであればMac App Storeアプリから、iOSデバイスの場合には[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]で、それぞれ新しいバージョンのオペレーティングシステムの更新オプションを見つけることが出来ます。また、知らせを待ちきれない場合には、「Apple Beta Software Program」を定期的にチェックするといいかもしれません。


何れにしても、このパブリックベータプログラムで取得できるOSは、「iOS 10」「macOS Sierra」のいずれもベータ版なので、アップグレードする前には必ずバックアップを行うようにしてください。また、毎日使っているiPhoneなどにはくれぐれもベータ版をインストールしないようにしましょう。重要なデータを失う恐れがあります。予備のデバイスへのインストールをお勧めします。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です