0 / 140
CAPTCHA Image

【LINE】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする方法

iPhoneなどのiOSデバイス向けLINEの最新バージョン「LINE 6.4.0」では、トーク履歴をiCloudにバックアップする機能が実装されました。これまでは、LINEのトークを含むデータの引き継ぎには、iTunesを使った「バックアップを暗号化」してのデータ保存が必須でした。これからはiTunesを使わずにiCloudバックアップだけで、機種変などの時にそのままトーク履歴などのデータを引き継ぐことが出来ます。

LINE-iCloud

iPhoneでLINEの最新バージョン「LINE 6.4.0」を起動すると、現在「トーク履歴をバックアップできるようになりました」という画面が表示されます。

LINE_BackUp

上記の画面で緑色の[バックアップする]ボタンからiCloudにバックアップを作成する設定を行えるのですが、この画面はいつも表示されるわけではないので、下記の手順で行えるようにしておきましょう。

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする方法

  1. LINEを起動したら画面右下の[•••]三点「その他」アイコンをタップして、画面右上の歯車「設定」アイコンをタップします。
    LINE_BackUp-01
  2. [設定]画面にある[トーク・通話]をタップします。
    LINE_BackUp-02
  3. [トーク・通話]画面にある[トークのバックアップ]をタップします。
    LINE_BackUp-03
  4. [トークのバックアップ]画面が表示されたら、[今すぐバックアップ]ボタンをタップします。
    LINE_BackUp-04
  5. これでトークのバックアップ完了です。
    LINE_BackUp-05

iCloudに保存されたトークのバックアップ情報は、iPhoneを新しく買い換えた際に、新しいiPhoneにLINEアプリをインストールすることで、バックアップしたトークを復元することが出来ます。もちろん、この機能を使用するには、iCloudにサインアップしておく必要があります。


iCloudは5GBまで無料ですが、それ以上のストレージを利用する場合には有料になります。余計なデータをバックアップしないためにはiCloudの[モバイルデータ通信を使用]をオフにしておきましょう。

iCloudの[モバイルデータ通信を使用]をオフ

iCloudの[モバイルデータ通信を使用]をオフにするには、iPhoneの[設定]アプリを立ち上げて[iCloud]→[iCloud Drive]を開きます。

iCloud-01iCloud-02

[iCloud Drive]画面では、画面を一番下までスクロールして[モバイルデータ通信を使用]の右サイドにあるとぐるボタンを「オフ」にします。

iCloud-03

今までiPhoneでのLINEデータの引き継ぎは、iTunesにiPhoneのデータをまるごとバックアップする「バックアップを暗号化」してのデータ保存を行う必要がありました。iTunesを使うにはパソコン環境が必要な上に、iTunesからのLINE以外のデータも含めた全データの復元をしなければいけませんでした。

今回のLINEアップデートでの新機能「トーク履歴をiCloudにバックアップ」により、機種変更でアカウントを引き継ぐときに、iCloudからトーク履歴を引き継げるようになりました。パソコンいらずはもとより、これまでと比べて手軽に、簡単に引き継げるようになったのが、嬉しいですね。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です