0 / 140
CAPTCHA Image

iOS 10.0.1ファームウェア IPSWの機種別ダウンロードリンク(Appleオフィシャル・リンク)

Appleは、iPhone、iPad、およびiPod touchのiOSデバイス向けオペレーティングシステムのメジャーアップデートとなるiOS 10se「iOS 10.0」及びその修正版「iOS 10.0.1」をリリースしました。今回のアップデートでは、“メッセージ”アプリの機能が大幅に改善されています。その他、Siriやマップなど様々な機能の改善が行われています。また、iMessage向けの新しいApp Storeもオープンしました。

iOS-iOS1001IPSW

このページでは、本日9月14日にダウンロードリンクが公開されたiOS 10.0.1ファームウェアのダウンロードリンクを機種別に掲載します。このダウンロードリンクは、すべてAppleのオフィシャル・リンクなのでダウンロードする際も安心です。

iOS 10最新版「iOS 10.0.1」へのアップデートリンクとして、あるいは次期バージョンが出た際にインストールしたものの、不具合やバグが発生してやむなく「iOS 10.0.1」へのダウングレードがしたいといった際に役立つと思われます。また、再インストールする際にも必要になります。

何らかの理由でのアップグレードおよびダウングレードする際には「iOS 10.0.1ファームウェア(IPSW)」が直接必要になることもあります。以下に「iOS 10.0.1ファームウェア(IPSW)」のダウンロードリンクを機種別に掲載しておきます。必要に応じて利用してください。なお、このダウンロードリンクは、Appleのオフィシャル・リンクなので安心です。

iOS 10.0.1ファームウェア IPSWの機種別ダウンロードリンク

iPhone

iPad

iPod

iOSファームウェアは、「ipsw」や「OFW(Official FirmWare)」などとも呼ばれるiPhoneやiPadなどiOSデバイス用OSです。但し、このiOSファームウェアだけではアップグレードもダウングレードも行うことが出来ません。その際に必要になるのが、Appleが認証発行するSHSH(Signature Hash)です。Appleの認証発行が停止されると、そのバージョンへのフォーマットが出来なくなります。

Appleは現段階(9月14日)においてダウングレードおよびアップグレードできるバージョンは、8月26日に公開された「iOS 9.3.5」と本日リリースされた「iOS 10.0」のみとなっています。ちなみに、「iOS 9.3.4」は9月8日に署名(SHSH)発行が停止されています。


ファームウェアに含まれるECID(unique chip id)とSHSH、デバイスごとに与えられている16文字のECID以外に、許可証となるAppleが発行する「SHSH」があることでアップグレードやダウングレードを行うことができるわけです。だからと言って、現在はファームウェアとSHSHがあればいいというものではありません。A5チップ搭載機種以降のiOSデバイスでは、Appleがその時点で認証を発行していないiOS6.x以上のバージョンへの復元は出来なくなっています。

また、“脱獄”している場合には、現段階(9月14日現在)では今回の最新バージョン「iOS 10.0.1」へのアップデートは行わないのが賢明です。注意しましょう!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です