「Wallet」アプリで「Apple Pay」に登録したクレジットカードやSuicaを削除する方法

10月25日、iOS 10初のメジャーアップデート「iOS 10.1」がリリースされ待望の『Apple Pay』機能が搭載され、これによってiPhone 7/7PlusでSuicaやクレジットカードが使えるようになりました。手軽さが特徴の機能ですが、スマホでクレジットカードのような個人情報がたくさん詰まっているものを簡単に見れてしまう危険性も含まれています。今回この記事では、クレジットカードやSuicaの情報を削除する方法を紹介します。もしもの時のためにも操作方法は、しっかり覚えておきましょう。

「Wallet」アプリで「Apple Pay」に登録したカード情報を削除・復元する方法

「Apple Pay」に登録したカード情報を削除する方法

  1. Wallet」アプリで「Apple Pay」に登録されている、削除したいカードを選択します。続けて、右下にある「i」をタップします。
  2. カードの詳細な情報が表示されるので、下にスクロールして「カード削除」をタップします。
  3. メニューが表示されたら、「削除」をタップしたら削除完了です。

削除した「Suica」のカード情報を復元する方法

  1. iPhoneに標準搭載されている「Wallet」アプリを起動したら、赤枠で囲われている部分、または右上にある「+」ボタンをタップします。
  2. Apple Payについての画面が表示されたら、右上にある「次へ」をタップします。
  3. カードの種類を選択する画面が表示されたら、「Suica」を選択します。
  4. すると、カードを再度追加という画面が表示され、以前削除したSuicaのカード情報が表示されます。次へをおして再度アクティベートすることで復元することができます。

削除した「クレジットカード」情報を復元する方法

削除したクレジットカードのカード情報を復元するには、再度クレジットカードを登録する必要があります。やり方を忘れてしまった、手順を確認したい!という場合には、以下の記事を参考にしてみて下さい。


あわせて読みたい!

The following two tabs change content below.
こーすけ
趣味はゲーム。得意なことはおしゃべり。好きなことは寝ること。 moshboxでは、自分がハマったものや困ったことなどを書いています。 みなさんの困ったを共有したいので、目に入ったコメントにはどんどん返信していきます、気軽に話しかけて下さい(´・ω・`)

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です