脱獄不要、iOS向けマルチエミュレータ「Provenance」をインストールする方法。スーファミやメガドライブ、ゲームギアなどのゲームがひとつのアプリで楽しめる!

Provenance」は、最新のiOS 10で動作するiPhoneなどのiOSデバイス上でセガのメガドライブやセガ・マスターシステム(SG-1000IV)、ゲームギア、そして任天堂のスーパーファミコンなどのゲームをサポートするマルチエミュレーターです。

Provenance_Emulator

ひとつのエミュレーターで複数のゲーム機のゲームを楽しめるマルチエミュレータ「Provenance」は、現在Appleの署名切れにより「iEmulators」や非脱獄のインストーラアプリ「Mojo」から直接ダウンロード&インストールすることができない「Revoked」状態になっています。

ここでは、iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS 10デバイスにマルチエミュレータ「Provenance」をインストールする方法を紹介します。

Provenance」があればゲーム機ごとのプラットフォーム用エミュレーターを個々にインストールする必要はありません。iOSデバイスに「Provenance」をインストールすることで、iPhoneやiPadで複数の家庭用ゲームプラットフォームをひとつのアプリでエミュレートすることができます。もちろん、“脱獄”不要!かつ、AppleのMFi(Made For iPhone/iPad/iPod)対応ゲームコントローラもサポートしています。

「Provenance」でサポートしているゲーム機

「Provenance」エミュレータは、任天堂のスーパーファミコン、ファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、セガのメガドライブ、ゲームギアなどをサポートしています。往年の家庭用ゲーム機でプレイした伝説的なレトロゲームを試してみたい方はお試しください。

●任天堂
  • NES (Nintendo Entertainment System)
  • Famicom Disk System
  • SNES (Super Nintendo)
  • Gameboy / Gameboy Color
  • Gameboy Advance
●セガ
  • SG-1000
  • Master System
  • Genesis / Mega Drive
  • MegaCD
  • Game Gear

マルチエミュレータ「Provenance」をインストールする方法

上記でも触れましたが、現在Appleの署名切れにより直接ブラウザからiOSデバイスにインストールすることができません。そこでどうするかというと、AppleのiOSアプリなどの開発ツール「Xcode」を使って行います。

前準備

  • まず、使用するMacのOSを最新のmacOSにする必要があります。Macを持っていない場合にはWindows PCにhackintoshをインストールするという手があります。
  • 次に、最新のXcode 8.1をインストールします。XcodeはMac App Storeから無料でダウンロードすることができます。
  • 当然ですが、マルチエミュレータ「Provenance」をインストールするデバイス、iOS 10が動作しているiPhoneまたはiPadを用意する必要があります。
  • 最後に、アクティブな「Apple Developerアカウント」を用意しましょう。無料のDeveloperアカウントは所有しているApple IDで登録することができます。

「Provenance」データをダウンロード

前準備が済んだら、さっそく「Provenance」のインストールを始めましょう。下記の手順でインストールを進めてください。

  1. まず最初に、Macの標準アプリ「ターミナル」を起動して「Provenance」データをダウンロードします。「ターミナル」を起動するには、Finderを起動して[アプリケーション]→[ユーティリティ]から行うことができます。
    Terminal-01
  2. 「ターミナル」で以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

    cd ~/Desktop

    Terminal-02
  3. 次に、ターミナルで以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

    git clone https://github.com/jasarien/Provenance.git

    Terminal-03

    「Provenance」プロジェクトファイルをデスクトップにダウンロードします。

    Terminal-04

    ターミナルに“Checking connectivity… done.”メッセージが表示されると、上図のようにデスクトップ画面に「Provenance」フォルダが新しく作成され、ダウンロードが始まります。

    Terminal-05

    コマンドプロンプト状態になったら、ターミナルのウィンドウ画面は閉じて大丈夫です。

XcodeからiOSデバイスにサイドロード

  1. デスクトップ上にダウンロードした「Provenance」フォルダを開いて、「Provenance.xcworkspace」ファイルを探します。
    Xcode_01
  2. Provenance.xcworkspace」ファイルを右クリック、「このアプリケーションで開く」にカーソルを合わせて、表示された「Xcode 8.1」を選んで開きます。
    Xcode_02
  3. Xcodeの画面が表示されたら、右サイドのメニューの一番上の「Provenance」を選択、左サイド2番目のメニューセクション「TARGETS」にある「Provenance」を選びます。
    Xcode_03
  4. 「TARGETS」「Provenance」の右サイド表示された「Identity」セクションの「Bundle Identifier」に任意の名前を設定します(ここでは「com.moshbox.Provenance」)。
    Xcode_04
  5. 次に、「Signing」セクションすぐ下にある「Team」入力欄をクリックして「Add an Account…」をクリックします。
    Xcode_05
  6. Accounts」画面が表示されたら、Apple DeveloperのアカウントIDに設定した「Apple ID」と「Password」を入力して[Sign in]します。
    Xcode_06
  7. サインインしたら、再度先ほどの画面に戻って「Team」入力欄をクリックして、先にサインインしたApple Developerアカウントを選択します。
    Xcode_07
  8. 設定が正常に行われたら、下の画面に内容のようになります。iOS 10デバイスでも「Deployment Target」のバージョンナンバーは「8.0」のままで先に進めましょう。
    Xcode_08
  9. ここで、サイドロード先のiOSデバイスをパソコンに接続し、Xcodeのデバイス選択ボタン(画面右左上の「再生/停止」ボタンの横にあるボタン)をクリックして接続したiOSデバイスを選択します。
    Xcode_09
  10. サイドロード先のiOSデバイスを選択したら、その左サイドにある三角の「Run」ボタンをクリックします。すると、プロジェクトの構築が開始されます。
    Xcode_10
  11. Xcodeはソースコードをコンパイルし、それを接続したiOSデバイスへのインストールを行います。Xcodeで「Finished running…」メッセージが表示されるまでしばらく時間がかかります(かなりの時間がかかりました)。「Finished running…」メッセージが表示されれば、展開が成功したことがわかります。
    Xcode_11
  12. iOSデバイスのホーム画面に「Provenance」アプリのアイコンが表示されたら成功です。
    Xcode_12

保存された「Provenance」アプリアイコンを起動してみると、以下のように「信頼されていない開発元」というエラーメッセージが表示され、アプリを起動することができません。その際には、iOSの設定アプリを立ち上げ、[設定]→[一般]→[プロファイルとデバイス管理]で、該当開発元を「信頼」する必要があります。「よく分からない」場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

証明書が「信頼」されると、アプリの実行が可能になります。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です