0 / 140
CAPTCHA Image

iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1 スピード比較テスト。APFS導入でパフォーマンス向上!【Video】

今週火曜日(2017年1月24日)にiPhone、iPad用のOSを最新バージョン「iOS 10.2.1」が正式にリリースされ、その翌日(2017年1月25日)にはiOS 10で3度目のメジャーアップデート版となるiOS 10.3の開発者向けベータ版「iOS 10.3 beta 1」がリリースされました。ここでは、iOS 10.3およびiOS 10.2.1のスピード比較テストの結果を紹介します。

ios10.2.1vsiOS10.3beta1

iOS 10.3では、「AirPodsを探す」やApple ID設定などの新機能が追加されていますが、地味に目を引く新機能としてApple File System(APFS)の存在があります。Apple File System(APFS)は、Appleが開発しているHFS+後継のファイルシステムソフトウェアで、NANDフラッシュ記憶装置に最適化され、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスにより強力な暗号化を提供すると期待されています。APFSはiOS10.3 Beta 1より、iOSファームウェアに初めて導入されました。今回のスピード比較テストでは、APFSを導入したiOS10.3と従来のiOS 10.2.1とのパフォーマンスにも興味深いところです。


iAppleBytesが掲載している「iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1」スピード比較テストは、新しいファイルシステムソフトウェアApple File Systemのパフォーマンスを見ることができる動画です。比較対象iOSデバイスは、iOS 10対応デバイスであるiPhone 6s、iPhone 6およびiPhone 5s、iPhone 5の4機種にiOS 10.3 beta 1をインストールし、iOS 10.2.1をインストールした同様のデバイスの別のセットで、それぞれ動作スピードを比較して行われています。

iPhone 6s:iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1

iPhone 6:iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1

iPhone 5s:iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1

iPhone 5:iOS 10.3 beta 1 vs iOS 10.2.1

結果は、iOS 10.3 beta 1を実行しているすべてのiPhoneでiOS 10.2.1を実行している同様の機種よりも早く起動しました。iPhone 6sの場合、iOS 10.3 beta 1では6秒程度で起動し、iOS 10.2.1に比べて3秒程度高速化されています。iPhone 5デバイスに至っては7秒前後早く起動しています。iPhone 6とiPhone 5も同様に起動速度が改善されており、これまでに比べてより早い起動が期待されます。

APFS導入で期待できるパフォーマンスの向上

定番ベンチマークテストアプリ「Geekbench」による計測結果も、シングルコアおよびマルチコアスコアともにiOS 10.3 beta 1での向上が見られます。ただ、iPhone 5では差のない結果となっており、これは32ビットデバイスであることが要因と考えられます。総じて、iOS 10.3 beta 1をインストールしている各種iPhoneデバイスの方が好結果となっていることは、HFS+後継のファイルシステムソフトウェアであるApple File System(APFS)が期待できることを印象付けることとなりました。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です