0 / 140
CAPTCHA Image

Macにインストールした「Windows 10が起動しなくなる」問題は「Hyper-V」を無効にすることで解決!その方法は?

MacにインストールしてあるWindows 10で、Windowsを起動するとブラックスクリーンとなって起動できなくなる現象が数多く報告されています。Appleは、この現象の解決方法について2017年1月27日(現地時間同年1月26日)にサポートドキュメントを公開しました。

Windows10_Mac

このMac上にWindows 10をインストールして、Windowsが起動しなくなる問題の原因は、Microsoft Hyper-Vの設定が有効になっていることにあります。Hyper-Vの設定が有効の場合、Windows 10を起動しようとすると、ブラックスクリーンが表示されてWindowsは起動しません。なので、Boot CampでWindows 10を使用するには、このソフトウェアをオフにする必要があります。

Windows10_Mac-01

このHyper-Vの設定はデフォルトではオフになっており、ユーザーはこの設定を有効にした覚えがないということがあります。ただ、Microsoft Visual Studio 2015をインストールすると、Hyper-Vを自動的に有効化してしまうので、インストールの際には注意が必要です。

MacでWindows 10を使うにはHyper-Vをオフにする

MacにインストールしたWindows 10を起動してブラックスクリーンになる現象が起きた時には、まずこのMicrosoft Hyper-Vがオフになっていることを確認し、有効になっている場合には無効にする必要があります。有効なっているHyper-Vを無効にするには、以下の手順を実行します。

  1. Windows 10を起動した状態で、メインメニューから[Windows システムツール]セクションにある[コントロールパネル]を開きます。
    Windows10_Mac-02
  2. [コントロールパネル]画面で[プログラム]セクションを開きます。Windows10_Mac-03
  3. [プログラム]画面の[プログラムと機能]セクションにある[Windowsの機能を有効化または無効化]を開きます。
    Windows10_Mac-04
  4. Microsoft Visual Studio 2015をインストールしている場合には、[Windowsの機能を有効化または無効化]画面の一覧に[Windows Hyper-V]が表示されるので、これをを無効化します。
    Windows10_Mac-05

Hyper-Vが有効のままWindows 10をシャットダウンしてしまった場合

もし、Hyper-Vがオンになっている状態のままWindowsをシャットダウン、終了してしまった場合には、USBリカバリドライブまたはWindows 10のインストールに使用したメディアでリカバリ機能を試す必要があります(Microsoftサポート参照)。

また、Windows 10のインストールをHyper-Vが有効になる前の状態に正常に復元できない場合には、Boot Campアシスタントを使用してWindowsを再起動することができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です