0 / 140
CAPTCHA Image

iOS版Chromeがアップデートされ、3DTouchでQRコードとバーコードが簡単に読み取りできるように!

2017年2月2日にiOS版Chromeがアップデートされ、iPhone6S以降の3D Touch対応端末にてQRコードとバーコードが読み取り可能になりました!

ChromeのアプリからQRコードとバーコードが読み取り可能に

3DTouchを使ってQRコードとバーコードを読み取る

ホーム画面上のChromeのアプリを押します。(=3D Touch)

するとメニューが開かれるので、QRコードをスキャンしますをタップ。

カメラが起動するのでQRコードかバーコードを読み取りましょう。

バーコードを読み取ると、その商品名や通販サイト等が検索結果として表示されます。

 

3DTouch非対応端末の場合は?

3DTouch非対応の場合には、Spotlightから使用できます。
ホーム画面を上から下にスワイプしてSpotlightを開きます。

”qr”もしくは”QR”と入力すると表示されます。

個人的にはバーコードが読み取れるのが面白いなあと思いました。(あれ?小並感?)買い物中に欲しい商品があったとき、ネットとどっちが安いか調べたいときなど良さそうですよね。ChromeのアプリがあればQRコードリーダー専用のアプリを使わなくて済みそうです。ぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
Abi
愛犬のボルゾイとウィペットを溺愛中。それからオカメインコ。車もガジェットもゲームも、食べることも大好き。「大盛りでお願いします(`・ω・´)」。休日は車弄ったり犬と遊びに行ったり。iPhoneは3GSから使っています。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です