0 / 140
CAPTCHA Image

iOS最新バグ、コントロールセンターの特定オプションの同時タップでiPhoneがクラッシュ!

iPhoneなどのiOSデバイスで新しいバグが発見されました。コントロールセンターをプルアップして、最下段にある時計、電卓、またはカメラにいずれかと、Night Shift、AirDropの3つのボタンを同時にタップすると、iOSデバイスがフリーズして再起動されるというものです。

How_to_freeze_all_iPhone

この問題は、最初イタリアのサイトAmiciAppleで公開され、その後ブログニュースサイト9to5Macなどで次々に取り上げられています。最新のiOS 10.3.2ベータ版で動作するようだとのことですが、iOS 10.2.1など他のiOS 10デバイスでも同様に発生します。

試してみたい方は、iOSデバイスのホーム画面でコントロールセンターをプルアップして最下段にある時計、電卓、カメラのいずれかとNight Shift、AirDropのボタンを同時にタップしてみてください(3本の指で同時に押さなければならないので、指の太い人はちょっと難儀しそうです)。

How_to_freeze_all_iPhone-01

いかがでしたか?わたしが試したところ、iOS 10.2.1及び10.3.1、iOS 10.3.2ベータを搭載するiPhone 7及びiPhone 6s、iPhone 6では完全に再現されました。ただ、9to5Macでは、この操作で再現されたと言っていますが、The Mac Observerサイトなどでは再現できなかったと言っています。iPhoneのデバイスによるものなのかは定かではありませんが、このフリーズ問題が発生しない場合もあるようです。

このバグが再現された場合には、デバイスがフリーズしてしまった後に、数秒で自動再起動されるようですが、手動での再起動を余儀なくされる場合もあるようです。

このコントロールセンターの特定の一連のアクションを実行して、iPhoneをクラッシュおよび再起動させたいユーザーは少ないと思いますが、ちょっとした驚きではあります。いたずら好きのユーザーであれば、友達や恋人などを驚かせたいと思うかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です