0 / 140
CAPTCHA Image

【AirDrop】Macのデフォルトの保存先をカスタマイズ、設定する方法

iPhoneなどのiOSデバイスからMacに写真などを送信する際に便利なのがAirDropです。ただ、受け取るMac側の保存フォルダはデフォルトで「ダウンロード」フォルダになっており、通常変更することはできません。メールの添付ファイルやSafariからダウンロードする画像についても同様です。多くの写真を転送する場合には、特定のフォルダに直接保存したいもの。

QuarantineAutomatorAction-AirDrop

AirDropから送信される写真をMacの特定のフォルダに保存するようにするのに便利なツールがGithubにある「QuarantineAutomatorAction」というアプリです。これを使うことで、AirDropで送られたファイルをデフォルトで設定されている「ダウンロード」フォルダではなく、自分で設定した任意のフォルダに保存することが出来ます。

iOSデバイスの写真などをAirDropを使ってMacに保存することが多いユーザーであれば、この「QuarantineAutomatorAction」アプリはすごく便利かもしれません。この「QuarantineAutomatorAction」は、IFTTTのレシピに似て、一つのアクションを簡単に作成することが出来ます。

MacでAirDropの保存先フォルダを変更する方法

  1. 先ずはMark Lilback氏のGitHubサイト「mlilbank」の「QuarantineAutomatorAction
    」ダウンロードページからツールをダウンロードしましょう。
    QuarantineAutomatorAction-01
  2. 次に、ダウンロードした「QuarantineAutomatorAction-0.1.zip」ファイルをダブルクリックして解凍、[Quarantine Filter.action]ファイルをダブルクリックして起動します。
    QuarantineAutomatorAction-02
  3. するとアクションインストーラが表示され、「“Quarantine Filter”アクションをインストール」するか聞いてくるので[インストール]、インストールのプロセスを[完了]させます。
    QuarantineAutomatorAction-03
  4. 次に、Macの[アプリケーション]フォルダに保存された[Automator]アプリを起動、メニューバー[ファイル]を開いて[新規]ボタンをクリックします。
    QuarantineAutomatorAction-04
  5. 「書類の種類」を選択する画面が表示されるので、ここで[フォルダアクション]を選んで[選択]ボタンをクリックします。
    QuarantineAutomatorAction-05

    ※“フォルダアクション”は、Finder内のフォルダに関連付けられるワークフローです。フォルダに項目が追加されるとワークフローが実行され、その項目がワークフローの入力として使用されます。

  6. 設定画面が表示されたら、画面右の「ワークフロー」設定画面上にある「“フォルダアクション”は、次の場所に追加されたファイルとフォルダを受け取る:」場所を[ダウンロード]とフォルダ選択します。
    QuarantineAutomatorAction-06
  7. そして、[アクション]タブの[ライブラリ]内にある[ファイルとフォルダ]を選択、右側に表示された動作項目の中から[Quarantine Filter]をドラッグ、右サイドの「ワークフロー」画面にドロップします。
    QuarantineAutomatorAction-07
  8. すると、「アクション“Quarantine Filter”は開発元が未確認のため読み込めませんでした。」画面が表示されるので、ここで[読み込む]ボタンをクリックします。
    QuarantineAutomatorAction-08
  9. 信頼されていないアクション」画面で再度[このまま読み込む]ボタンをクリックします。
    QuarantineAutomatorAction-09
  10. 「ワークフロー」設定画面内に「Quarantine Filter」設定項目が表示されます。ここでは「Filter for:」のプルダウンメニューから[AirDrop File]を選択します。
    QuarantineAutomatorAction-10
    QuarantineAutomatorAction-11
  11. 次に、今度は[アクション]タブの[ライブラリ]内の[ファイルとフォルダ]を選択した状態で、右側に表示された動作項目の中から[Finder項目を移動]アクションをドラッグ、右サイドの「ワークフロー」画面にドロップします。
    QuarantineAutomatorAction-12
  12. すると、[Finder項目を移動]アクション項目が右画面に表示されます。見ての通り、AirDropファイルが保存先はデフォルトで[デスクトップ]になっています。
    QuarantineAutomatorAction-13

    保存先を変更したい場合には、この「保存先:」のプルダウンメニューを表示して任意の場所に指定することができます。

    QuarantineAutomatorAction-14
  13. これで設定は完了です。「⌘(command)+S」またはメニューバー[ファイル]→[保存]で作成したドキュメントに名前(「AirDrop」とか)をつけて保存します。
    QuarantineAutomatorAction-15
    QuarantineAutomatorAction-16

iOSデバイスからMacにファイルを送信してテストしてみてください。これまでAirDrop機能を使って[ダウンロード]フォルダに保存されていたファイルが、今回設定したフォルダ(ここでは「デスクトップ」を設定)に保存されるようになっているはずです。

最初はうまく作動しないこともあります(実際、何度かうまくいきませんでした)が、試行錯誤してみてください。また、ここではMacにiPhoneなどのiOSデバイスからAirDrop経由で取得した画像をデフォルトの「ダウンロード」フォルダではなく「デスクトップ」フォルダに保存する方法を試しましたが、その他にも色々なアクションを設定、試せるので是非お試しください。通常ではできないことが出来て、ちょっとしたユーザビリティの向上を実現してくれます。

変更を元に戻す方法

上記で設定した設定を削除したい場合もあるでしょう。その場合には以下の手順で設定を削除することが出来ます。設定を削除すると、これまでのデフォルトの設定が有効になります。

  1. 先ずは、Finderを開いて「/Users/USERNAME/」直下の[ダウンロード]フォルダを右クリックして、表示オプションメニュー最下段の[サービス]を開いて[フォルダアクション設定…]をクリックします。
    QuarantineAutomatorAction_Delete-01
  2. 表示された[フォルダアクション設定]ウィンドウで、作成したスクリプト[AirDrop.workflow]を含むアクション付きフォルダ[Downloads]を選択し、「(マイナス)」記号をクリックして削除します。
    QuarantineAutomatorAction_Delete-02
  3. 次に、Finderに戻って「/Users/USERNAME/Library/Automator」フォルダ内にある「Quarantine Filter.action」ファイルを削除します。
    QuarantineAutomatorAction_Delete-03
  4. もう一つ、「/Users/USERNAME/Library/Workflows/Applications/Folder Actions」フォルダ内の「AirDrop」ファイルを削除します。
    QuarantineAutomatorAction_Delete-04

今回は、AirDropで送られてくるMac側の保存場所を変更することができるGithubの「QuarantineAutomatorAction」を紹介しましたが、この「QuarantineAutomatorAction」はこの他にも多くのアクションを設定することが出来ます。IFTTTのレシピを作成するように簡単に設定(使い慣れると)できるので、ちょっとしたユーザーエクスペリアンスの改善になります。興味のある方は、色々試してみてください。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です