0 / 140
CAPTCHA Image

2020年のiPhoneは、360°スクリーン!iPhone 8は忘れて酔いしれる!?

2020年のiPhoneは、360°スクリーン!iOSデバイスのコンセプトデザインを数多く紹介してくれるConceptsiPhoneサイトが今回公開したコンセプト動画はこんなタイトル。Appleの6月に開催されるWWDCで発表が期待されるiPhone 8を飛び越えて未来のiPhoneをコンセプト。この2020年、日本では東京オリンピックが開催される年です。その年に登場する未来のiPhoneをじっくりみてみましょう。もちろん、コンセプトデザインですけどね。

iPhone2020_Concept

2020年に登場するiPhoneの特徴は、まずは360°スクリーン、全面がスクリーンに覆われたスタイルです。そして、当然のようにワイヤレス充電とデータ転送のおかげで、ポートはありません(SIMトレイを除いて…)。もちろん、防水。本体が全面スクリーンで覆われており、水やほこりからの保護がさらに進化しています。

両側面に配置されたスピーカー。両面にFaceTimeとデュアルカメラ。指紋センサーは、デバイズ全面に!そして、搭載されるOSはiOS 14!

iPhone2020_Concept-01
iPhone2020_Concept-02
iPhone2020_Concept-03
iPhone2020_Concept-04
iPhone2020_Concept-05
iPhone2020_Concept-06

いかがでしたか?今回のiPhoneコンセプトは、ConceptsiPhone専用にThiago M Duarte氏とRan Avni氏によって作成されたとのこと。

とはいえ、今は来月開催のApple恒例WWDCでの発表が気になるところです。実際にiPhone 8がベールを脱いだ時に、ユーザーの夢をどこまで実現してくれるか、あるいは期待以上のサプライズがあるのか、Appleには当然大きな期待がかかっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です