0 / 140
CAPTCHA Image

【iOS 11】Wi-Fiパスワードを近くのiPhoneと共有する「Wi-Fi共有」機能の使い方

iOSのメジャーアップデートとなるiOS 11には、スクショを撮った画像にすばやくマークアップ、注釈を描き込めたりiPhone単体で画面録画できる機能など数多くの新機能が搭載されます。iOS 11搭載のiOSデバイス同士であれば、Wi-Fiホットスポットのパスワードを共有することができる素晴らしい機能もそのひとつです。

Wi-Fi_passwords_Share

iOS 11を搭載するiOSデバイスでWi-Fiネットワークアクセスをリクエストするには、既にネットワークに接続されているロックされていないiPhone、iPad、iPod touchまたはMacの近くにデバイスを置くだけです。AirPodsペアリングインターフェイスのようにシームレスに、Wi-Fi共有の画面が既にネットワークに接続されているiOSデバイスにポップアップ表示され、「パスワードを送信」で共有手続きが開始されます。受信側のデバイスは安全に新たなWi-Fiネットワークに接続することが可能となります。

Wi-Fiのパスワードを近くのiPhoneと共有する手順

  1. まず、Wi-FiネットワークのパスワードをリクエストするiPhoneの設定アプリを立ち上げて、[Wi-Fi]設定画面を開きます。[ネットワークを選択]セクションで表示されたパスワード共有したいWi-Fiホットスポットを選びます。
    Wi-Fi_passwords_Share-01
  2. [パスワードを入力]画面が表示されるので、ここで既にネットワークに接続されているロックされていないiPhone、iPad、iPod touchまたはMacの近くに、パスワードを受け取りたいiOSデバイスを近づけます。
    Wi-Fi_passwords_Share-02
  3. 既にネットワークに接続されているロックされていないiOSデバイス及びMacがパスワードを受け取りたいiOSデバイスをBluetoothで繋がって認識すると、「Wi-Fiを共有」のポップアップ画面を表示します。ここで画面下の[パスワードを送信]をタップします。
    Wi-Fi_passwords_Share-03
  4. Wi-Fiパスワードが受信側のiOSデバイスに正しく送信されると、送信側には「Complete」の画面が表示され、送信済みのチェックマークを表示します。
    Wi-Fi_passwords_Share-04

Wi-Fiネットワークへのアクセスを要求するデバイスは実際のネットワークパスワードを認識しません。

iOS 11にはこの「Wi-Fiパスワードを共有」する機能と似たものとして「自動セットアップ」もあり、この機能を初期設定時に選ぶとほとんどの設定やデータを新しいiPhoneやiPadに安全にインポートすることができます。

この秋にはiOS 11の正式版リリースとほぼ同時にiPhone 8が登場しますが、現在所有しているiOSデバイスがiOS 11に互換性があるか確認しておく必要があるかもしれません。64ビットiPhone、iPad、iPod touch全てのiOSデバイスをサポートしていますが、気になる方は対応機種を確認しておき、新型iPhone 8に乗り換えるか検討するのもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です