0 / 140
CAPTCHA Image

iOS 11パブリックベータ版を直接iOS 10.3.2にダウングレードできないの?で、試してみました。

iOS 11 public beta版インストールでiOS 10.3.2に戻れない問題」としてAppleのサポートページ(米国)が話題になっています。iOS 11ベータ版をダウングレードするにはiOS 10.3.3betaのファームウェアをダウンロードして、それをリカバリーモードでインストールしろというものです。まず疑問に思うのは、なぜ、ベータ版であるiOS 10.3.3betaなのか?iOS 11ベータ版にしたデバイスをいきなりiOS 10の正式リリース版の最新バージョンiOS 10.3.2にしてはいけないのか?そして、それは不可能なのか?

Downgrade_iOS11beta-iOS10

ダウングレードであれば、「安定版の正式リリースされている最新版でしょ。」と思うのが普通ですよね。

ちなみに、開発者向けにリリースされている「iOS 11 Beta」と「iOS 11 Beta 2」では以下の方法でダウングレードすることが確認できています。

iOS 11 BetaをiOS 10.3.2にダウングレードする方法

まずはサポート日本語のサポートページに載っているリカバリモードによるダウングレード手順で、iOS 10.3.2の正式リリースされている最新バージョンにできるか試してみました。結果は以下のとおり残念ながら「出来ません」。

  • お使いの iTunes が最新バージョンであることを確認します。
  • iTunes がすでに開いている場合は、いったん閉じます。デバイスをコンピュータに接続してから iTunes を開きます。コンピュータをお使いでない場合は、お知り合いから借りていただくか、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにご相談ください。
  • デバイスが接続されている状態で、以下の方法でデバイスを強制再起動します。
    • iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押します。Apple ロゴが表示されても放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けてください。
    • iPhone 7/iPhone 7 Plus の場合:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に押します。Apple ロゴが表示されても放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けてください。
  • 「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「アップデート」を選択します。iTunes による iOS の再インストールが始まります。データは消去されません。iTunes でデバイス用のソフトウェアがダウンロードされるまでお待ちください。ダウンロードに 15 分以上かかり、途中でリカバリモードが終了してしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、上記の手順をもう一度行います。
  • アップデートまたは復元が終了したら、デバイスを設定します。

チャレンジ!iOS 11パブリックベータ版をiOS 10.3.2にダウングレード

最新のiTunesで、まずは「iPhoneのバックアップを暗号化」でのバックアップを行ってから以下の手順でダウングレードを行なっています。

  1. iTunesがすでに開いている場合にはいったん終了させておきます。iPhoneをMacに接続して、iTunesを起動します。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-01
  2. 次に、iPhoneがMacに接続された状態のまま、強制再起動します。ここではiPhone 6sを使っているので、「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時押しします。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-02
  3. Appleマークが現れてリカバリモードになるまで押し続けます。以下のようにリカバリーモードが表示されたら離して大丈夫です。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-03
  4. すると、iTunesの画面が以下のように「iPhoneリカバリモード」表示され、
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-04

    ポップアップ画面「アップデートまたは復元を必要としているiPhone “iPhone”に問題があります。」が表示されます。

    この問題はiPhoneをアップデートすることで解決する場合があります。設定やコンテンツは保持されます。アップデートが機能しない場合は、“復元”をクリックする必要があり、これによりすべての設定とコンテンツが消去されます。このコンピュータまたはiCloudにこのiPhoneのバックアップが作成されている場合は、バックアップをiPhone上に復元するよう求められます。

    ということで、iOSのみがインストールされ、データはそのまま保持されることがわかります。ここで、表示されている[復元][アップデート]の2つの選択肢のうち、[アップデート]をクリックします。

    Downgrade_iOS11beta-iOS10-05
  5. すると、「iPhoneをアップデートできない場合は、工場出荷時の設定に復元する必要があります。」のポップアップ画面が表示されます。「iPhoneはiOS 10.3.2ソフトウェアにアップデートされます。アップデートはAppleにより検証されます。」ということで、「iOS 10.3.2」へのダウングレードが明記されていますね。安心して再度[アップデート]をクリックします。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-06
  6. iTunesで「iOS 10.3.2」へのダウングレード処理が開始されます。ちょっと時間がかかるので、ゆっくり待ちましょう。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-07
  7. 「お使いのiPhoneはアップデートされ、再起動中です。iPhoneのケーブルを接続したままお待ちください。再起動後にiTunesウィンドウに表示されます。」のポップアップ画面が表示されます。ここまではいつもと変わりません。
    Downgrade_iOS11beta-iOS10-08
  8. しばらくして、iPhoneが再起動すると何やら様子が異なります。iPhoneの画面にはiTunesマークとLightningケーブルが表示された「リカバリモード」の状態になってしまいました。

    そして、iTunesの画面には「アップデートまたは復元を必要としているiPhone “iPhone”に問題があります。」のポップアップ画面が表示されました。なんと、上記ステップ3に戻ってしまいました。再度アップデートを行うと、上記ステップ3以降のステップを繰り返すループ状態になってしまいます。

    Downgrade_iOS11beta-iOS10-09

この画面で[復元]を「alt/option」ボタンを押して開いて、「iOS 10.3.2ファームウェア IPSW」をダウンロードして復元しようとしても、結果は同じでした。

Downgrade_iOS11beta-iOS10-10

また、以前からダウングレードの方法として紹介しているファームウェアをダウンロードして行う以下のやり方でも同様の結果になりました。


ということで、iOS 11パブリックベータ版からの「iOS 10.3.2への直接ダウンロード」はできなくなっていいるという結果でした。もし、iOS 11パブリックベータ版のインストールされたデバイスをiOS 10.3.2するなら、やはり一旦iOS 10.3.3 betaにダウングレードしたのちに行うことになるようです。


ちなみに、リカバリモードから外れられなくなったiPhoneを復旧するには、上記のポップアップ画面上で[復元]+「alt/option」でiOS 11のファームウェアを選択することで復旧することができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

  1. かずのこ より:

    ios11のファームウェアはどこにありますか?

    • eswai eswai より:

      iOS11のファームウェアはβ版しか存在しないので、デベロッパーサイトかベータテスター向けにインストールする際のダウンロードサイトということになります。MacやPCを使っている場合には、ダウンロードする際に自分のパソコンにファームウェアを保存しているので、それを使うことができます。OTAでのダウンロードの場合にはもちろんパソコンには保存されないので、サイトからダウンロードすることになります。

  2. ゆう より:

    かずのこさん

    iOS 11 betaは有料のApple Developer Programに参加している人しか”PCには”ダウンロードできません。そのためApple Beta Software Programのみに加入の方はhttps://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/iosimagerestore?locale=ja
    よりiOS 10.3.3 betaをダウンロードし、それを本ページ記載の通り「alt/optionを押しながら復元をクリック」することで、iOSを10.3.3 betaにします。その後、iOS 10.3.2に再度復元することで、ようやく元に戻せます。
    手間&分かりづらいですが、公式サイトに記載があります。ベータプログラムを利用するのであればそのあたりも読み込み、理解する必要があります。

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です