0 / 140
CAPTCHA Image

脱獄不要!iPhoneにWindows XPをインストールして実行する方法(iOS 9、iOS 10、iOS 11)

iPhoneでちょっとした楽しいことを試したい場合には、iOSデバイスにWindows XPをインストールして実行するなんてのはどうでしょう?もちろん、これを行うのにiOSデバイスを“脱獄”する必要はありません。

WindowsXP-iPhone

iPhoneでWindows XPを実行するというのは馬鹿げたことのようですが、実際にiOS 9、iOS 10、およびiOS 11で動作するiPhone、iPad、そしてiPod Touchにインストールすることができます。ただし、インストールしたWindows XPは思ったほど速く動作しないし、むしろ遅いです。が、友人や周りの知り合いを楽しませる目的であれば、それは成功するように思います。

iPhoneまたはiPadにWindows XPをインストールする方法

iPhoneやiPadでWindows XPを簡単にインストールして実行することができます。正しく動作させるためにいくつかの手順を踏む必要があります。iPhoneまたはiPadにWindows XPをインストールする手順は以下の通りです。

インストール前準備

MacやWindows PCを使ってiPhoneにアプリをサイドロードするには、インストール可能なアプリのIPAファイルを用意するなどの前準備が必要です。ここでは「iBox」IPAファイルをダウンロードしてCydia Impactorを使ってパソコンからiPhoneにサイドロードします。

1.Apple Developerアカウント

このCydiaImpactorを使ったアプリのインストールには、「Apple Developer Program」アカウントが必要になります。デベロッパーアカウントをまだお持ちでない場合には、サイトにアクセスして登録を行ってください。現在お持ちのApple IDで簡単に無料のアカウントを作成することができます。

2.「iBox」IPAファイルを手にいれる

「iBox」IPAファイルは、お使いのMacまたはWindows PCにこちらからダウンロードすることができます(プライベートサイトなので自己責任で!)。

iBox.ipa

3.「Windows XP IMGファイル」をダウンロード

「Windows XP IMGファイル」を、お使いのMacまたはWindows PCにこちらからダウンロードしておきます。

4.「Cydia Impactor」をダウンロード&インストール

次に、Cydia Impactorがお使いのパソコンにインストールされていない場合には、こちらの手順を参考にしてダウンロード&インストールしてください。

5.iPhoneをコンピュータにUSB接続

サイドロード先であるiPhoneなどのiOSデバイスをお使いのMacやWindows PCなどのパソコンにUSBケーブル接続します。

Cydia Impactorを使ってiPhoneにサイドロードする

上記の前準備が完了したら、「iBox.ipa」ファイルをお使いのMacやWindows PC上でCydia Impactorを使ってiPhoneなどのiOSデバイスにサイドロード、インストールします。こちらの記事を参考に行うことができます。

iBox_Install

処理中にエラー「./plist.hpp:92」が表示される場合があります。このエラーはバグのようなものでアプリのインストールには影響しないので無視して大丈夫です。[OK]ボタンをクリックして先に進みましょう

CydiaImpactor_Err92

詳しく知りたい方は以下をご覧ください。


Cydia Impactorでのサイドロードが正常に完了すると、以下のようにiPhoneのホーム画面に「iBox」アイコンが表示されます。

iBox-01

iPhoneのホーム画面の「MovieBox」アイコンをタップして起動してみましょう。

iBox-02

ここで「信頼されていない開発元」画面が表示されて先に進めない場合には、iOSのシステムに「このアプリの開発元を信頼」する必要があります。

iBoxの開発元を「信頼」する方法

iPhoneにサイドロードされたアプリを起動した際に「信頼されていない開発元」メッセージが表示された場合の対処法です。この開発元とは、サイドロードの際に使用したApple Developerアカウントということになります。

  1. iPhoneの設定アプリを起動して[設定]→[一般]へと進み、[一般]画面をスクロールし、[デバイス管理]を探してタップします。
  2. 次に、「デバイス管理」画面では「デベロッパApp」セクションにあるサイドロード元(Apple Developerアカウント名が表示されます)をタップします。
  3. サイドロード元の「信頼」設定画面が表示されるので水色の「“(デベロッパー名)”を信頼」ボタンをタップします。
  4. すると、確認のポップアップ画面が表示されます。ここでもう一度「信頼」します。
  5. これで「MovieBox」アプリの“信頼”設定は完了です。このアプリを削除する場合には、画面の赤文字「Appを削除」でいつでも行うことができます。

以上で、Cydia Impactorを使った「iBox」のサイドロードによるインストールプロセスは完了です。

「Windows XP IMGファイル」をiPhoneに転送

  1. iTunesを起動して、コンピュータに接続されているiOSデバイスを選択します。
    iTunes-WindowsXP-01
  2. 左サイドメニュー[App]をクリックし、右サイド画面に表示された[App]画面を下スクロールし、「以下のAppでは、iPhoneとこのコンピュータとの間で書類を転送できます。」セクションの「App」一覧から「iBox」アプリを探します。
    iTunes-WindowsXP-02
  3. 見つけた「iBox」アプリを選択し、右サイド「iBoxの書類」内に、あらかじめダウンロードしておいた「Windows XP IMGファイル」をドラッグ&ドロップします。
    iTunes-WindowsXP-03

ここまでくれば、あともう一息です。以後はiPhoneで残りのステップを完了させましょう。

「Windows XP」の設定

  1. 先ずは、iPhoneにインストールした「iBox」アプリを起動します。
    iBox-WindowsXP-01
  2. 「iBox」アプリが起動したら、画面右上の「」アイコンをタップします。
    iBox-WindowsXP-02
  3. Configuration Editor]画面の[HDD]をタップして[ATA Interfaces]セクションしたの[Drives]をタップします。
    iBox-WindowsXP-03iBox-WindowsXP-04
  4. [Drives]画面ではまず画面右上の「」アイコンをタップします。[New Drives]画面の[HDD]をタップします。
    iBox-WindowsXP-05iBox-WindowsXP-06
  5. 開いた[Edit Drive]画面では、右上の[Done]をタップします。[Configuration Editor]画面に戻ったら、[Video Configuration]セクションしたの[Extension]で[None]をタップします。
    iBox-WindowsXP-07iBox-WindowsXP-08
  6. Configurations]画面で[New Configurations]をタップします。これでWindows XPがiPhoneの画面上で起動します。
    iBox-WindowsXP-09

使用しているiOSデバイスによるのかもしれませんが、起動するのに時間がかかる場合があります。また、キーボードが表示され、Windows XPの表示を邪魔する場合があります。

WindowsXP-iPhone-01

デバイスを複数回振るだけで、これを削除することができます。

WindowsXP-iPhone-02

ここまで到達するプロセスは長いですが、作業自体はそれほど難しいことはありません。1回は試してみて、iPhone上でWindows XPがどうやって動くのか試してみるのもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

  1. 栗山 より:

    iPadでもできました!

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です