0 / 140
CAPTCHA Image

iPhone X、iPhone 8/8 Plusは高速充電対応!でもどうしたら高速充電できるの?その方法は?

iPhone XiPhone 8iPhone 8 Plusの充電機能がすごいらしい。なんと、30分でバッテリ容量の最大50%を充電できてしまうことが可能。でも、これを実現するには別途必要なものがあるとのこと。つまり、費用がかかるということです。その費用をかけてでも、充電を高速化したい場合には、以下のレポートをお読みください。

iPhone8-8Plus-X

iPhone XiPhone 8シリーズ(8/8 Plus)の3機種は、Appleが初めて出す高速充電に対応した(高出力充電器を使えば早く充電できる)スマートフォン。Appleの公式サイトの説明文で明確に表記されています。

高速充電に対応:
30分で最大50%充電

そして、これら新しいiPhoneは付属の充電器ではその実力は測れません。

この新しいiPhoneは、すでにiPadがそうであるようにより速い充電速度に対応しています。Appleの29W、61W、および87WのUSB-C電源アダプタでUSB-C-Lightningケーブル接続することで新しいiPhoneでの高速充電が可能になります。もし、MacBookを持っているのであれば付属のUSB-C電源アダプタ(61Wまたは87W)の充電アダプターを使うこともできます(購入する場合にはApple純正の29W USB-C電源アダプタで5,200円(税別))。

もちろん、Apple純正でなくても高出力に対応していれば、どのUSB充電器でも大丈夫です。ただ、購入する前に充電器の評判を確認することは必要ですね。USB-CとLightningの変換ケーブルについても同様です。

Appleのストアサイトでこれを入手する場合には、
USB-C電源アダプタ

  • 29W:5,200円(税別)
  • 61W:7,200円(税別)
  • 87W:8,800円(税別)

USB-C_Power_Adapter
USB-C – Lightningケーブル

  • 1m:2,800円(税別)
  • 2m:3,800円(税別)

USB-C-Lightning
つまり、Macを持っている場合にはUSB-C電源アダプタを購入する必要がないとして、一番安い1mのUSB-C – Lightningケーブルを購入する必要があります。そうすれば、出費は2,800円(税別)ということになります。もっとワット数の高いアダプタが欲しい、ケーブルも2mは欲しいということになれば、出費は1万円を超えてしまいます。

もう一つの問題は、新しいiPhone(iPhone X、iPhone 8/8 Plus)3機種は、どれもQiワイヤレス充電を採用したApple初の製品でもあり、このワイヤレス充電に惹かれて購入を考えているユーザーも多いかと思います。

わざわざ、余分な出費を覚悟してケーブル接続での高速充電を取るか、スマートに使えるワイヤレス充電を取るか。悩ましいところではあります。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です