0 / 140
CAPTCHA Image

注意!人気のシステムクリーナー「CCleaner」にマルウェア、227万人を超えるユーザーが感染。削除する方法は?

定番のシステムクリーナーとして人気の高い無料アプリ「CCleaner」のインストーラーがマルウェアを配布するためにハッカーにハッキングされ、227万人を超えるユーザーが感染しているようです。もし、今年の8月15日から9月12日までの間に、「CCleaner」アプリを公式サイトからダウンロードまたは更新した場合には、コンピュータが感染している可能性があるので注意が必要です。

CCleaner

CCleaner」は、パソコン内の不要なデータだけでなく、不要なレジストリ項目や各種Webブラウザーの一時ファイルやクッキー、拡張機能などを一括管理・削除することができるシステムクリーナーソフトです。「Office」や「Adobe Reader」「GIMP」などの各種アプリの不要ファイルも削除でき、アプリのアンインストールや、スタートアップに登録されているアプリの管理まで行うことができます。

この便利なクリーナーアプリ「CCleaner」には正規バージョンクラウドバージョンがあり、2016年11月時点で20億回以上ダウンロードされ、週に約500万人の新規ユーザーが追加されているという。なお、「CCleaner」を開発したPiriform社はセキュリティソフトウェアメーカーのAvast社によって現在は買収されています。

不正なコードを発見したCisco Talosのセキュリティ研究者によると、問題の実行ファイルは正当なCCleanerダウンロードサーバーによって配信されていた「CCleaner」のバージョン5.33のインストーラとのこと。CCleanerの悪意のあるバージョンは8月15日よりリリースされ、9月13日にはすでにサーバーも停止しているとのことです。

この「CCleaner 5.33」インストーラに仕込まれた悪質なマルウェアは、少なくとも以下を含む多数のユーザーデータを収集するようにプログラムされていたようです。

  • コンピュータ名
  • インストールされているソフトウェアのリスト(Windowsのアップデートを含む)
  • 実行中のすべてのプロセスのリスト
  • IPアドレスとMACアドレス
  • プロセスが管理者権限で実行されているかどうか、64ビットシステムかどうかなどの追加情報。

この悪質なマルウェアをパソコンから削除する方法は?
Piriformは、ユーザーの3%(最大227万人)が悪質なインストールの影響を受けていると推定しています。

Piriformでは、影響を受けるユーザーは32ビット版の「CCleaner」のバージョン“5.33.6162”または「CCleaner Cloud」のバージョン“1.07.3191”をインストールしているユーザーとし、インストール済みのプログラムを削除して最新バージョンをダウンロード&インストールすることを強く推奨しています。

なお、このソフトウェアに自動更新機能はありません。最新バージョンはこちらよりダウンロードできます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です