0 / 140
CAPTCHA Image

【iPhone 8】iPhone 8/8 Plusでリカバリモードを実行して復元する方法

新しく購入したiPhone 8デバイス(iPhone 8/8 Plus)が正常に動作しない、起動ロゴでフリーズしてしまってホームスクリーンを表示することができない場合があります。そんな場合には、iPhone 8またはiPhone 8 Plusをリカバリモードにして復旧して正常な状態に戻すことができます。

iphone8-recovery-mode

リカバリモードへの入り方は?iPhone 8をiTunesでリカバリモードにしてどうすれば復元することができるのでしょう?iPhone 8およびiPhone 8 Plusのリカバリモード設定は、iPhone 5、iPhone 6、およびiPhone 6 Plusなどの以前のiPhoneモデルとはまったく異なります。iPhone 7やiPhone 7 Plusとやや似ていますが、これとも異なります。以前は、ホームボタンと電源ボタンを数秒間押すだけで簡単にiPhoneのリカバリモードに入ることができましたが、同じ操作をしてもリカバリモードに入ることはできません。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusでは、ホームボタンと電源ボタンを押してもリカバリモードにすることはできなくなりました。iPhone 8およびiPhone 8 Plusの場合には、以下の手順でリカバリモードにすることができます。

iPhone 8/8 Plusでリカバリモードを実行する方法

  1. 先ずは、MacまたはWindows PCでiTunesを起動(最新のバージョンに更新されていることを確認)します。
  2. 次に、Lightningケーブルを使ってiPhone 8デバイス(iPhone 8/8 Plus)をMacまたはWindows PCに接続します。
  3. 接続したiPhone 8デバイスの「音量を上げる」ボタンを押して、すぐに放します。
    iphone8-itunes-recovery-mode-01
  4. そして、今度は接続しているiPhone 8デバイスの「音量を下げる」ボタンを押して、またすぐに放します。
    iphone8-itunes-recovery-mode-02
  5. サイドボタン」(以前は「スリープ/スリープ解除ボタン」)を押したままにします。
    iphone8-itunes-recovery-mode-03
  6. iPhone 8デバイスの画面にAppleのロゴが表示されますが、「サイドボタン」は押したまま離さないようにしてください。
  7. 数秒後にAppleロゴが消え、LightningケーブルとiTunesのロゴのグラフィックアイコンが表示されます。この時点で、サイドボタンを離して大丈夫です。iPhone 8デバイスはリカバリモードになりました。
    ios11-iphone7-itunes-recovery-restore
  8. iTunesによってiPhone 8デバイスが検出され、接続しているパソコンのiTunesによって「復元アップデート」の選択肢が表示されます。「アップデート」を選択すれば、iTunesによるiOSの再インストールが始まります。これを行なっても、データは消去されることはありません。
    iphone8-itunes-recovery-mode
The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です