【iTunes】iTunesでバックアップしたiPhoneのデータの保存先は?WindowsとMacで違うの?

iTunesでの通常のバックアップや「バックアップを暗号化」してのバックアップデータって、MacやWindows PCのどこに格納保存されるのかと疑問に思ったので調べてみました。

iTunes

iPhone、iPadなどのiOSデバイスにある情報を保存するには、iCloudが簡単便利ですが、機種変更や不慮の事故などに備えてのiTunesへの保存は欠かせません。でも、やたらとバックアップを取っていると、パソコンのストレージ容量を圧迫することも確か。そんなことにならないためにも、不要になったバックアップを削除してパソコンをクリーンに保ちたいもの。

MacやWindows PCのiTunesバックアップの保存先は、OSによってことなります。バックアップデータの保存場所が分かれば、パソコン内の他の場所に保存したり、外付けのドライブ、またはネットワーク上のストレージサービスへの保存なども行うことができますね。

iTunesのバックアップ・データの保存先

iTunesでのバックアップの保存先は、使用しているコンピュータのOSによって異なります。

Macの場合

Macの場合の保存場所は、

~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/

となります。「~」はユーザのホームフォルダを表します。ホームフォルダに「ライブラリ」が表示されない場合は、「option」キーを押しながら「移動」メニューをクリックします。

ただ、MacのFinderで遷移して上記のアドレスに辿り着こうとすると、「Application Support」フォルダ内に「MobileSync」フォルダを見つけることができない場合があります。こんな時は、iTunesの「デバイスのバックアップ」ページからFinderを開くといいですね。

iTunesからFinderを開く手順

  1. iTunesを起動して、メニュー[iTunes]→[環境設定]の順に選択します。
    iTunesBackup−01
  2. デバイス」をクリックすると、「デバイス環境設定」画面が表示され、iOSデバイスのバックアップ履歴を見ることができます。
    iTunesBackup−02
  3. デバイスのバックアップ」一覧のいずれかのデータを右クリックするとポップメニューが表示されます。ここで「Finderで表示」をクリックします。
    iTunesBackup−03
  4. すると、上記のアドレス「~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/」をダイレクトに表示することが出来ます。
    iTunesBackup−04

Windows Vista、7、8、10の場合

Windows Vista、7、8、および10の場合の保存場所は、

¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

となります。

AppData」フォルダに簡単にアクセスするには、「スタート」をクリック、検索バーで「%appdata%」と入力して「Return」キーを押します。

  1. スタート」(Windows Vista、7の場合)から検索バーを表示します。
    • Windows Vista、7:「スタート」をクリック。
      iTunesBackup−05
    • Windows 8:右上にある虫眼鏡のアイコンをクリック。
    • Windows 10:スタートボタンの横にある検索バーをクリック。
  2. 検索バーに「%appdata%」と入力し、「Enter」キーを押します。
    %appdata%

    iTunesBackup−06
  3. エクスプローラーを開き、[Apple Computer]→[MobileSync]→[Backup]の順に各フォルダをダブルクリックしていきます。
    iTunesBackup−07

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です