0 / 140

iOS 10.3の新機能まとめ:AirPodsを探す、Apple ID情報管理、iCloudストレージ管理、iPadに隠されたキーボードオプション…

Appleは、今週火曜日(2017年1月24日)にiPhone、iPad用のOSを最新バージョン「iOS 10.2.1」にアップデートし、リリースしました。そして、その翌日の25日には次期メジャーアップデートとなるiOS 10.3初のベータ版を開発者向けに公開しています。iOS 10.3では、当初「シアターモード」が搭載されるのではないかと噂されていましたが、この機能はどうもApple Watchに搭載されるようです。

iOS103

25日にリリースされたiOSは、すでにリリースノートも開発者向けに公開されましたが、「iPhoneを探す」機能に「Find My AirPods(AirPodsを探す)」が組み込まれるなどの他は、目玉となるような新しい機能は見当たりません。

Find My AirPods(AirPodsを探す)

今回のiOS 10.3に搭載される新機能としては目玉と言えるものでしょう。AirPodsはどこにもつながっていない上に、小さいですからね。個々のAirPodが目の前から消えた時にその位置を追跡して探すことができるこの機能はありがたいです。ユーザーの多くは、AirPodsを見失った時に、盗まれるというよりはどこかにおき忘れていることが多いので、AirPodを見つけるにはとても役に立ちます。

Apple ID情報

設定アプリに新しく追加されたプロフィールセクションで、設定アプリを起動させた最初のページの一番上に表示されます。iPhoneユーザーの名前、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報、パスワードとセキュリティ情報、支払いと配送先情報などのログインに関わる情報が集められており、かつ変更することができます。また、iCloudやiTunesとApp Store設定などもここで行うことができます。そして、ログインに使用したすべてのAppleデバイスが表示され、管理できます。

マップ アプリで任意のエリアの天気予報表示

iOSデバイスにデフォルトで入っているマップ アプリの新機能は、iPhone 6s/6s plus以降の3D Touch機能のあるiOSデバイスで新しい天気アイコンをタップすると地図に表示されている特定のエリアの天気予報を知ることができます。

iCloudストレージ

iCloud設定ページでは、iCloudストレージの使用量とファイルの種類がグラフィカルに表示されており、情報が把握しやすくなっています。また、ここでiCloudストレージ部分をタップすると、iCloudストレージの契約内容や容量の購入を行うことができます。

アプリアイコンの遷移アニメーション

iOS 10.3でアプリを開いたり閉じたりすると、エッジの丸みが微妙に増すようになっています。多くのユーザーは気にも留めないかもしれませんが、遷移アニメーションの細かいところにも気をくばるAppleの繊細さの一端をうかがわせる処理ですね。

Podcast用ウィジェットのSpotlight検索画面への追加

Podcast用のウィジェットをSpotlight検索画面に追加できるようになっています。

Appleファイルシステム

iOS 10.3では、NANDフラッシュストレージに最適化されたApple File System(APFS)に切り替えることで、iPhoneとiPadにより強力な暗号化を提供します。APFSはNANDフラッシュ記憶装置に最適化され、強力な暗号化もサポートしています。

iPadのキーボードオプション

新しいコードの中に隠されていることがわかったAppleが人かにiPadに実装しようとしているキーボードオプションです。iPadのキーボードを画面の下部からポップして片手でキーボードに置き換えができ、周囲にドラッグして配置することもできます。iPadの画面をピクチャーインピクチャー画面のように動かすことができる機能です。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です