0 / 140

2017年の新型モデルiPhone 8は全機種ワイヤレス充電、1,000ドル(約11万円)の高額コストで機能、価格ともに最高級品に!:KGI予測

2017年モデルのiPhoneは全機種ワイヤレス充電機能を装備!KGIのアナリストMing-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、iPhoneが誕生して10年目を迎える記念すべき今年2017年に登場する新型iPhone 8(iPhone X)は、すべてケーブルを差し込むことなく充電できるワイヤレス充電コンポーネントを備えているということです。

iPhone8_Concept

先週のKGIのリポートによれば、ワイヤレス機能を備えた新しいiPhoneは今年発表される最高級のiPhoneにだけ装備されるとのことでしたが、この1週間でその内容が今年発売されるすべてのiPhoneに訂正される結果となりました。AppleはこれをiPhone10周年を祝うエポックとして登場させることによって、iPhone市場の盛り上がりを期待しているものと思われます。

このワイヤレス充電は、登場する新しいiPhoneモデルの大きなセールスポイントになることは間違いありませんね。その上、新型iPhoneの全機種となれば、なおさらです。

ただ、新型iPhone 8のコストは1,000ドル(約112,000円)を上回るとの報告があります。KGI によれば、これはワイヤレス充電機能による発熱から3D Touchセンサーの保護を強化する必要があり、その保護手段としてグラファイトシートでセンサーをラミネートする必要があるということです。この部品調達により製造コストの上昇を招いているとのことです。当然、Appleはこのコスト上昇を購入者、つまりiPhoneユーザーに転化するものと思われます。

この追加費用は、KGIの報告が正しければ、今年発売されるすべての新型iPhoneモデルに適応されます。 そうなれば、最高品質の技術を搭載する新型iPhoneは、その価格も最高級にふさわしい金額となることは確実です。なにせ、製造費用ですでに1,000ドル(約112,000円)なのですから。これは、ユーザーにとっては悩ましいところですね。

Appleが今年発売するiPhoneは、iPhone7/7 Plusをアップデートしたモデル2種と、有機EL(OLED)パネルを搭載したプレミアムモデルの3機種ラインナップになるとされ、それぞれの筐体ごとに3モデル程度のバリエーションが想定されています。有機EL(OLED)パネル搭載機種は、全画面カーブディスプレイとの噂もあります。今年2017年は、2007年にiPhoneが登場以来最大の変革の年になるかもしれません。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です