0 / 140

Safariでサイトを閲覧していて、誤って閉じてしまったタブを瞬時に復元する方法

Webサイトを閲覧していて、誤って見ているサイト・タブを閉じてしまったという経験は誰もが経験していることです。「しまった!まだ見ていたのに…」と思った時には“時すでに遅し”。Safariの閲覧履歴を見ても数が多すぎてどれが目的のサイトかわからないということもまた多くのユーザーが経験していることです。

Safari_Quickly_Restore_ Tabs

今閉じてしまったサイトをふたたび開きたい、訪問したいことがあります。Safariの閲覧履歴に移動してカオスに沈む代わりに、Safariのタブを簡単に復元する方法があります。

Safariの閉じてしまったタブを復元する方法

macOS Sierraには、簡単にSafariで閉じてしまった直前のタブを復元するキーボードショートカットがあります。

⌘+ Shift + T

上記のキー「⌘+Shift+T」を押すだけです。これは以前のMacのオペレーティングシステム「OS X」で機能していたキーボードショートカットです。macOS Sierraでは「⌘+Shift」キーを押しながら「T」キーを複数回押すと、閉じてしまったタブを順番に復元することができます(むちゃくちゃ便利!)。
このキーボードショートカットを使用すれば、Safariを使用したブラウジングがよりスムーズになり、時間が大幅に節約されて、作業効率がアップします。ぜひご活用ください!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です