0 / 140

【iOS 11】iOS 11のコントロールセンターではWi-FiとBluetoothをオフにしても完全に無効にすることはできません。

iOS 11ではさまざまな新機能および改善、修正が行われています。この最新のアップデートの中でもその仕様が大きく変更されたものとしてントロールセンターをあげることができます。細かくカスタマイズできるようになり、これまで以上にユーザーフレンドリーな機能となっています。ただ、この中でBluetoothとWi-Fiの切り替え機能は微妙なものとなっています。

Control_Center

iOS11では、これまでコントロールセンターからできていた「Wi-Fi」および「Bluetooth」の“オフ”切り替えができないようです。コントロールセンターで「Wi-Fi」および「Bluetooth」を“オフ”にしても、実は接続機能は保持されたままになっているようです。これを最初に発見したのはイタリアのセキュリティ研究者Andrea Barisani(アンドレア・バリサーニ)氏で、以下のように「iOS 11の新しいコントロールセンターWi-FiとBluetoothのトグルでは、実際にはそれぞれの無線をオフにしません。」とツィートしています。


上記のAndrea Barisani(アンドレア・バリサーニ)氏の見解は正しいのですが、これに対してAppleはこれをバグではなく仕様であるとしています(Apple サポート)。

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。

  • AirDrop
  • AirPlay
  • Apple Pencil
  • Apple Watch
  • 連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)
  • Instant Hotspot
  • 位置情報サービス

Appleは仕様として、コントロールセンターで「Wi-Fi」および「Bluetooth」の“オフ”切り替えを行なった場合には、ほとんどの(ただしすべてのサービスではない)それらの接続機能を無効にします。ただ、Apple Watchとの接続であればBluetoothをオフにしても保持され、AirDrop、AirPlay、位置情報サービス、およびその他のAppleサービスは、Wi-Fiの切り替えをオフにした後でも引き続きWi-Fiを使用するとのことです。

これは理にかなった仕様だということが言えます。最低限必要な接続を保持しつつ、バッテリの寿命にも考慮した設計だということが言えます。

それでも、コントロールセンターで「Wi-Fi」および「Bluetooth」を“オフ”にしているにもかかわらず、完全に“オフ”にならないことが気持ち悪い、セキュリティが心配だ、混乱するという場合には設定アプリを使って従来通りに「Wi-Fi」および「Bluetooth」の設定をオフにすることはできます。これを行うには、それぞれ[設定]→[Wi-Fi]、[設定]→[Bluetooth]に進んで行うことができます。

BluetoothWi-Fi
The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です