0 / 140

【iPhone】特殊なURLを開くとフリーズしてしまうバグ「chaiOS」が見つかる。不審なURLは絶対開かないように!

iPhoneのメッセージやsafariなどで特殊なURLを開くとフリーズクラッシュを引き起こすバグ「chaiOS」が発見されました。絶対に開かないように注意が必要です!

iPhoneで、開くとフリーズしてしまうURL「chaiOS」が見つかる。不審なURLは絶対開かないように!

「chaiOS」とは?

「chaiOS」バグを見つけたのは、Abraham Masriさん。

特殊なURLを開くと、iPhoneがフリーズクラッシュする「chaiOS」バグ問題を見つけ、GitHub上で公開しました。
問題のURLは、ページを開くことはもちろんですが、メッセージアプリなどでこのURLを含むメッセージを受け取った場合にも、メッセージアプリを起動した直後にフリーズしてしまい、その送信者とのメッセージが開けなくなるとのことです。

もしフリーズしてしまったら?

万が一、メッセージで送られてきたなどしてiPhoneがフリーズしてしまった場合は、一度強制再起動(リセット)をしましょう。

  • iPhone X、iPhone 8/Plus:音量ボタン(大)→音量ボタン(小)の順に押し、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し
  • iPhone 7/Plus:音量ボタン(小)とサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで同時に長押し。(10秒以上)
  • iPhone 6s以前、iPad、iPod touch:ホームボタンとサイドボタン(電源ボタン)をAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し

ただし強制再起動は一時的な処置方法で、safariやメッセージアプリを開いてしまうと再びフリーズしてしまいます。そのため、以下の方法で該当URLに接続できないようにしてください。

メッセージアプリを起動するだけでフリーズしてしまう場合

URLを含むメッセージを送ってきた人の履歴を全て削除してしまいましょう。メッセージ一覧の中から該当URLを含む送信者を右から左にスワイプし、「削除」をタップして削除します。

万が一メッセージアプリを起動するだけでフリーズしてしまうという場合は、Siriから起動を試してみる、もしくは誰か別の人にメッセージを送ってもらい、通知欄から開いてみるなどしてみてください。

safariで開いてしまいフリーズする場合

設定で一時的に該当URLを開けなくします。
設定」を開き、「一般」→「機能制限」→「機能制限を設定」とタップします。

機能制限のパスワードを好きな数字4つで設定し、「Webサイト」→「アダルトコンテンツを制限」とタップします。

常に禁止」のところから「Webサイトを追加…」をタップし、Webサイトのところに「github.io」と入力します。

その後safariを開いて該当のURLページを削除し、再度上記の機能制限を設定を解除してください。

いたずらや軽い気持ちで決して誰かに送ったりしてはいけません。また、今後異なるURLで送られてくる可能性もありますので、受け取った側も不信なURLは絶対に開かないように注意してください。

source:MacRumors,9to5mac

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です