0 / 140

【Apple】2018年4月以降にApp Storeに申請されるアプリはiPhone Xのディスプレイへの対応が必須に

AppleはiOSの開発者に向けて、2018年4月以降に新しく申請されるアプリはiPhone XのSuper Retinaディスプレイに対応していなくてはならないと発表しました。

Appleは2018年4月以降にApp Storeに新たに申請されるアプリはiPhone Xのディスプレイへの対応が必須に

5.8インチ有機ELディスプレイへの対応

iPhone Xの発売から約3ヶ月。ついにアプリのiPhone XのSuper Retinaディスプレイへの対応を必須とすることに締め切りを設けました。2018年4月以降に新しくApp Storeへ申請されるアプリに関しては、iOS 11 SDKでつくられる必要があり、iPhone XのSuper Retinaディスプレイのサポートが必須となります。5.8インチ有機ELディスプレイへの対応ということは、ノッチ(切り込み)部分を考慮しなくてはならなくなるということです。
Core ML、SiriKit、ARKitなど最新のiOS 11の機能を採用することを伝えると共に、新OSの魅力を伝えることに努めているようです。

source:9to5mac

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です