0 / 140

AirPodsをリセット(初期化)してiPhoneに再接続する方法

AirPodsをうまく接続または充電できない!接続した合図のチャイム音が数秒経っても鳴らない、あるいはAirPodsを耳に装着しても何も聞こえない、充電の減りが早い、あるいは接続が安定しないなどの問題が発生した場合の対処で、まず試してみたいのはAirPodsを一度リセットしてみることです。

ここでは、こうした不具合への対処としてAirPodsをリセットする方法について紹介します。

AirPodsをリセット(初期化)する方法

1.AirPodsが充電されているかを確認

まずは、充電されていないとリセット作業を行なうことができないので、AirPodsが充電されていることを確認する必要があります。

この際には、特にフル充電(100%)されている必要はありません。動作に必要な程度のバッテリー残量があれば、リセット作業を行うことができます。

本体と充電ケースのバッテリー残量を確認するには、AirPodsをケースに収納した状態でケースの蓋を開きます。すると、ペアリングしているiPhoneがAirPodsを認識しバッテリー残量を表示してくれます。

2.AirPodsの専用ケース背面にある「設定」ボタンを長押し

AirPodsを充電ケースに収納した状態で蓋を開けます。ステータスランプがオレンジか緑(充電状態で異なります)に点灯してしばらく経つと消えます。

ランプが消えたら、ケース裏面にある「設定」ボタンを15秒ほど長押しします。「設定」ボタンを押し続けると、まずは白色点滅します。

次に、さらに押し続けるとオレンジ色の点滅に変わり、再度白色点滅になれば、AirPodsとiPhoneのペアリングが解除され、リセットは完了です。これでボタンから指を離して大丈夫です。

3.iPhoneとAirPodsを再接続

AirPodsをリセットしたら、再度iPhoneと接続します。

AirPodsのケースを開けることで、iPhoneが自動でAirPodsを認識します。その際に、iPhoneの画面に[接続]表示されるのでこれをタップします。

無事に接続(同期)できたら、[完了]ボタンをタップして作業は終了です。

AirPodsがリセットされ、接続されていた使用していたデバイスやiCloudアカウントにデバイスは認識されなくなります。AirPodのケースを開くと再接続が求められますが、この再接続しない状態はAirPodsが初期化されたままで、売却や譲渡を考えているのであれば最適な状態です。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です