0 / 140

【iOS 12】ソフトウェア・アップデートの自動設定を無効、オフにする方法

iOSデバイスでは、ファーム・ウェアの自動更新を行うことのできる機能が搭載されています。これにより、新しいファームウェアアップデートをバックグラウンドでダウンロードし、比較的使用頻度の少ない夜間にインストールしてくれます。もちろん、この機能はAppleの最新オペレーティングシステムiOS 12でも同様に搭載されています。

この機能は、多くのユーザーに支持されており、利用しているユーザーも多いかと思われます。けれど、この機能を嫌うユーザーも多くいることも確かです。

夜間に、あるいは知らないうちに最新のファームウェアにアップデートしてくれるこの機能は、多くのユーザーにとって間違いなく時間の節約になっています。けれど、デバイスを自動的にアップデートされることで問題を抱えるユーザーの存在も無視することはできません。

iOS 12では、この「自動アップデート」機能をオフにすることが可能です。この機能をオフにしてすべてのアップデートを自分でコントロールしたい場合には、以下の手順に従って設定を変更することが可能です。

ソフトウェア・アップデートの自動設定を無効、オフにする方法

  1. まず最初に、ネイティブの「設定」アプリを立ち上げます。
  2. 次に、[一般]メニューを探してタップします。
  3. 開いた一般画面の上にある[ソフトウェア・アップデート]メニューをタップして開きます。
  4. すると、画面上部にある[自動アップデート]オプションがあり、その設定が“オン”に設定されている場合には。これをタップして、設定画面を開きます。
  5. [自動アップデート]の設定画面では、“オン”設定されていトグルボタンを“オフ”の位置に切り替えます。

    これで、夜間にiOSシステムが勝手にアップデートすることはなくなります。そう、これで自動的にインストールしないことになります。

これにより、Appleがリリースした新しいファームウェアバージョンを手動でダウンロードしてインストールしない限り、現在実行しているファームウェアのバージョンはそのままです。この選択肢は、自分が能動的に行動を起こさない限り、勝手に状態が変更されることはありません。全ては自分の決定によってコントロールすることが可能となります。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です