0 / 140

【iOS 12.1】iPhone 8/ 8 Plus、iPhone Xにもバッテリ劣化による突然のシャットダウンを防ぐためのバッテリ「パフォーマンス管理」機能を追加しました。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、またはiPhone Xユーザーに、昨日10月31日にリリースされた「iOS 12.1」をダウンロード&インストールしている場合には、デバイスがバッテリの劣化により突然システム終了しないようにする「パフォーマンス管理」機能が追加されました。

この「パフォーマンス管理」機能は、時間が経つにつれて著しく劣化したバッテリを使用しているiOSデバイスが突然シャットダウンしないように、CPUのパフォーマンスを低下させる機能です。Appleは発売以来1年を経過して、iPhone 8とiPhone 8 Plus、そしてiPhone Xの3機種にこの機能を載せることにしたようです。

この「パフォーマンス管理」システムは、iOS 10.2.1で初めて搭載され、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus上で有効でした。ただ、昨年発売されたiPhone 8、iPhone 8 Plus、そしてiPhone Xの3機種では使用することができませんでした。そして、1年が経過し、iOS 12.1リリースを機に3機種でも有効となりました。

以前、Appleはサポートページで、「iPhone 8 以降のモデルではハードウェア・ソフトウェアともにより進化しているため、システム全体のパフォーマンスを最大限に引き出すことができると言っていましたが、その信憑性が揺らぐ結果となりました。

iPhone 8 以降の各モデルは、ハードウェア面でもソフトウェア面でもより進化した設計になっているため、必要とされる電力とバッテリーの給電性能の双方をより正確に見積もり、システム全体のパフォーマンスを最大限に引き出せるようになっています。これにより、異なるパフォーマンス管理システムが可能となり、iOS が突然のシャットダウンをより正確に予測し、回避できます。その結果、iPhone 8 以降のほうがパフォーマンス管理の影響が目立ちにくいかもしれません。しかし、どの iPhone モデルであっても、時間の経過とともに充電式バッテリーの容量やピークパフォーマンスは低下し、いずれは交換が必要になることに変わりはありません。(Source:Apple サポート

そして今回、「iOS 12.1」アップデートとともに、iPhone 8、iPhone 8 Plus、およびiPhone Xについての「パフォーマンス管理」システム・サポートに関する記述がサポートページに追加されました。

この機能は、バッテリーの最大瞬時給電能力が低下したデバイス上で突然のシャットダウンが最初に起きた後にのみ有効化されます。この機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus に適用されます。iOS 12.1 以降では、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X にこの機能が組み込まれていますが、これらのモデルはハードウェア面でもソフトウェア面でもより進化した設計になっているため、パフォーマンス管理の影響が目立ちにくいかもしれません。(Source:Apple サポート

そう言えば、昨年末に起きた「iPhoneのバッテリー交換問題」は記憶に新しいところですね。多くのiPhoneが交換可能な対象機種として列挙されましたが、その中にはiPhone 8やiPhone 8 Plus、そしてiPhone Xも含まれていました。iPhone 8などの3機種にもバッテリ劣化による突発的なシャットダウン問題から免れることができる免疫はなかったということです。




バッテリーが劣化を示す「ピークパフォーマンス性能」メッセージ

パフォーマンスが正常な場合

バッテリーが通常のピークパフォーマンスに対応できる状態で、パフォーマンス管理機能が適用されていない場合は、以下のメッセージが表示されます。
表示メッセージ:「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

パフォーマンス管理が適用された場合

パフォーマンス管理機能が適用された場合は、以下のメッセージが表示されます。
表示メッセージ:「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

ここでパフォーマンス管理機能を無効にすると、(ユーザが手動で) 再びオンにはできなくなります。この機能は、突然のシャットダウンが発生した時に (自動で) 再びオンになり、無効にするオプションも表示されます。

バッテリーの状態が不明な場合

iOS がデバイスのバッテリーの状態を判定できない場合は、以下のメッセージが表示されます。
表示メッセージ:「この iPhone では、バッテリーの状態を判定できません。バッテリーに関するサービスは、Apple 正規サービスプロバイダが対応します。サービスオプションについての詳しい情報…

原因として、バッテリーが正しく取り付けられていないか、バッテリー部品が不明である場合が考えられます。

Source:Apple サポート

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です