0 / 140

Apple、iOS 10.3.3およびiOS 11.0の署名(SHSH)発行を停止。ダウングレードが不可能に!

Appleは本日10月5日(現地時間10月4日)、7月20日にリリースされた最後のiOS 10バージョン「iOS 10.3.3」および9月20日リリースの最新メジャーアップデート「iOS 11.0」のファームウェアへの署名(SHSH)を停止しました。

Stopped_signing_iOS10.3.3-iOS11.0_firmware

Appleでは最新のiOS 11修正バージョン「iOS 11.0.2」を昨日10月4日(水)に、その一週間前の9月27日には「iOS 11.0.1」をリリースしています。

今回の署名停止によりiPhoneをはじめ、iPad、iPod touchなどのiOSデバイスでは、iOS 10.3.3およびiOS 11.0ファームウェアへのダウングレードを行うことができなくなりました。正式リリースされているバージョンとしては、今後しばらくの間iOS 11修正バージョンの2つ「iOS 11.0.1」と「iOS 11.0.2」がアップデートまたはダウングレードの際に使用できるiOSファームウェアということになります。


もちろん、 現行のiOSバージョンiOS 11.0.1およびiOS 11.0.2に加え、開発段階にある次期バージョンiOS 11.1のベータ版については署名されており、現在デベロッパーパブリックベータ・テスター向けに公開されています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です