0 / 140

Apple、iOS 12 Public Beta 2の配信を開始

Appleは本日7月6日(現地時間7月5日)、iOS 12パブリックベータ版2度目となる「iOS 12 Public Beta 2」の配信を開始しました。先月6月26日に初のiOS 12パブリックベータ版「iOS 12 Public Beta 1」がパブリックベータテスター向けに公開され、開発者以外の一般のユーザーもダウンロード&インストールできるようになりました。それから10日を経てその第2弾が公開され、一般ユーザーも今週水曜日7月4日にリリースされた開発者向けの「iOS 12 Beta 3」とほぼ同様の開発段階を体験することができるようになりました。

ちなみに、開発者向けに限定されたベータ版はすでに「iOS 12 Beta 1(6月5日)」「iOS 12 Beta 2(6月20日)」、そして「iOS 12 Beta 3(7月4日)」と3度に渡って公開されています。

Appleの「Apple Beta Software Program」に登録したテスターであれば、iOSデバイスに適切な証明書をインストールすることにより、Wi-Fi環境でiOS 12パブリックベータ版のダウンロード&インストールを行うことができます。

Appleの「Apple Beta Software Program」に参加したい場合には、同サイトにアクセスしてサインアップすることができます。これにより、iOS 12をはじめ、macOS、tvOSの各種ベータ版を利用することもできます。

ベータ版をインストールする際には、iTunesでの暗号化バックアップを取ることはもとより、できれば、メインで使用しているiPhoneは避けて別のデバイスで行うことをオススメします。iOS 12などの開発初期のベータ版は、多くのバグが存在している可能性が高く、システムとして安定していないため、どのような不具合があるか想定できないことに注意してください。


また、対応デバイスも限定されているので、自分のデバイスが対応しているかについても注意が必要です。

次期iOS 12はメジャーアップデートです。再設計されたコントロールセンターをはじめ、数々の新機能があります。お楽しみください!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です