0 / 140

【iOS 11】脱獄不要!iOS 11の起動ロゴやアイコン、通知バッジの色なんかを簡単にカスタマイズする方法。

iOS 11を使っていて、起動ロゴやアイコン、通知バッジの色なんかをカスタマイズしてみたいと思っても、“脱獄”が頭に浮かんで、ちょっとハードルが高いなと思ってしまったりします。今回紹介する方法は、そうです。“脱獄”する必要なく、iPhone起動時のロゴの変更をはじめ、アイコンマスクの変更、さらにはネイティブのコントロールセンターを編集することができます。それも簡単に!

これらの操作を実行するには脱獄は必要なく、コンピュータも必要ありません。すべてがデバイス本体から直接実行できます。以下のプロセスを実行することで、これを試すことができます。

1.ストアアプリ「TweakBox」を手に入れる

iPhoneで既定のブラウザSafariを起動し、ストアアプリ「TweakBox」を先ずは手に入れます。「next.tweakboxapp.com」サイトに直接アクセスするか、またはこちらのページを参考にインストールすることができます。

2.「Torngat」アプリをiPhoneにインストール

    ストアアプリ「TweakBox」を無事インストールすることができたら、TweakBoxを起動しましょう。そして、TweakBoxのホーム画面上部のメインメニュー[HOME][APPS][INFO]の中から[APPS]をタップします。
    [APPS]の画面では、「CATEGORIES」セクションにある[TweakBox Apps]をタップします。
    [TweakBox Apps]画面を開いたら、画面をスクロールしてアプリ一覧から「Torngat」を探します。
    「Torngat」を見つけたら、これをタップして、TweakBoxプロセスにてiPhoneにインストールします。
    無事にインストールが完了したら、設定アプリを起動して、[一般]→[プロファイルとデバイス管理]に移動し、Torngatに関連付けられたプロファイルを選択して、「信頼」処理を行います。これを行うことで、「Torngat」を正常に使用することが可能になります。

3.「Torngat」アプリを使ってみる

Torngat」を起動し、表示画面の[RUN]ボタンを選択してから続行します。正しく起動すると、新しい画面にメニュー一覧が表示されます。

注記:この処理を行うに際しては、正しく動作させるためにこのプロセスを何度も実行する必要があるかもしれません。辛抱強く試してみてください。そして、デバイスが再起動したら、そのまま試してください。

正しく起動すると、メニュー一覧に「Control Center」をはじめ、「Block Updates」「Block Revokes」「Icon Masks」、「Notification Badges」などのメニューをみることができます。各セクションには、それが何を行うものかを説明する文章も添えられています。

例えば、「Icon Masks」をタップし、オプションから円を選択し、次に変更を選択することができます。これを行うことで、iPhoneの画面に表示されるアプリアイコンに円形マスクを適用してくれます。そのほかにも、「Notification Badges」を選択し、そのアプリが通知を受け取ったときにアイコンの小さなバッジでポップアップする色を変更することもできます。

再度の確認ですが、これを行うのに“脱獄”する必要はありません。iOSシステムの外観を変更する非常に簡単な方法です。そう、あなたのiOSデバイスの外観を少しだけ特別なものにカスタマイズすることが可能な、非常に簡単な方法です。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です