0 / 140

新しい2018 Mac miniは、ユーザーが購入後にRAMを自分でアップグレードできます。

AppleのMac製品を購入したユーザーの悩みは、購入後にRAMをユーザー自らアップグレードすることができなかったことです。少なくとも2018 Mac mini以前のMac miniはそうでした。でも、2018 Mac miniは違います。

新しいMac miniは、Appleが先日2018年10月30日に開催した新製品発表会「Apple Special Event」で噂通りに発表されました。ただし、システム構成を間違える(?)と、最高スペックで¥452,800 (税別)ととても高価なお買い物になってしまうので注意が必要です(とてもMac miniとは思えません!)。

新しいMac miniは、新しく第8世代のクアッドコアIntel Core i3(3.6GHz)、および6コアIntel Core i5(3.0GHz)、そして6コアIntel Core i7(3.2GHz)から選ぶことができます。4コアモデルではTurbo Boostモードは提供されませんが、6コアで最大4.6GHzまでTurbo Boostが可能です。

Appleは新しいMac miniに、4つのThunderbolt 3ポート(USB-C)、2つのUSB 3ポート(最大5Gbps)、ギガビットEthernetポート(10Gb Ethernetに変更可能)、HDMI 2.0ポート、3.5 mmオーディオジャックを搭載しています。4つのThunderbolt 3ポート(USB-C)は、DisplayPortおよびThunderbolt(最大40Gbps)、USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)、そしてアダプタ(別売り)を使用したThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGAに対応しています。

新しいMac miniのRAMは、ユーザーが自分でアップグレード可能な2つのスロットに2,666MHz DDR4 SO-DIMMメモリチップを搭載し、16GB、32GB、64GBのオプションに変更可能です。 なお、RAMスロットにアクセスするには、ラウンドベースをコンピュータから取り外す必要があります。

Mac mini用のAppleの基本メモリ構成は8GBですが、16 GB(プラス22,000円)、 32 GB(プラス66,000円)、そして64 GB(プラス154,000円)のオプションを用意しています。

用意されたRAM構成のオプションはとても高価です。ユーザーが自分でアップグレード可能ということなので、ここはRAM構成の低いMac miniを購入し、低コストで他社製のチップを購入することで、お金を少しでも節約しましょう。節約は美徳なので、とても気持ちがいいものです。

Source:Mac mini – Apple(日本)

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です