0 / 140

Apple、iOS 11.2、iOS 11.2.1、iOS 11.2.2の署名(SHSH)発行を停止。iOS 11.2.5以外のダウングレードおよびインストールが不可能に

Appleは本日2月1日、iOS 11.2(2017年12月3日)をはじめ、iOS 11.2.1(2017年12月14日)およびiOS 11.2.2(2018年1月9日)のファームウェアへの署名(SHSH)を停止しました。

iOS 11.2.5のリリースされた先週1月24日の時点では、iOS 11.2、iOS 11.2.1、およびiOS 11.2.2の3つのバージョンが書名、有効となっており、各種ダウングレードおよび再インストールすることが可能でした。今回の3バージョンの署名停止により、iPhoneをはじめ、iPad、iPod touchなどのiOSデバイスでは、これらのファームウェアへのダウングレードを行うことができなくなりました。

この署名停止により、今後しばらくの間は最新バージョンのiOS 11.2.5以外へのアップグレードおよび再インストールしかできない状況になっています。

Appleでは、定期的に古いiOSファームウェアのバージョンへの署名を停止し、特定のバージョンの署名を閉じることで、ユーザーがそのバージョンにダウングレードできなくなるようにしています。これにより、ユーザーを最新バージョンへ誘導する処置を取っています。

今回の処置により、iOS 11.2.5を実行しているユーザーは、iTunes経由で11.2、iOS 11.2.1、またはiOS 11.2.2にダウングレードできなくなりました。

脱獄しているユーザー、または脱獄希望のユーザーは、Appleが古いiOSバージョンへの署名をやめることにより、しばしば影響を受けます。iOS 11.2.1への脱獄が可能でしたが、このバージョンの署名停止により、脱獄のためにそのiOSバージョンへのダウングレードは現在不可能になっています。

先週公開されたiOS 11.2.5では、Siriの機能拡張やHomePodの公式サポート、多数のバグ修正とパフォーマンスの向上がもたらされました。そして、AppleはiOS 11.2.5の一般公開に合わせて、新しいAnimojiや「メッセージ」アプリの情報をiCloudに保存できる機能、AirPlay 2などを含むiOS 11.3のベータテストを開始しました。iOS 11.3の一般への公開はこの春になる見通しとなっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です