0 / 140

【Twitter】「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」警告表示で読めないツイートを閲覧、表示する方法は?

公式Twitterアプリを使っていて、「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません。」というコメント表示がされて、ツイートの内容を見ることができない場合があります。この警告文は、ツイート内容をはじめ、アップされている画像や動画などに誹謗中傷することがらやアダルト、グロとなる要素を含んでいる場合にTwitterサイドでフィルタリングされた結果として表示されるものです。

ただ、この警告メッセージはTwitter上の設定で表示可能にしているユーザーであれば表示されることはありません。この警告メッセージが出る理由は以下の通りであることを認識しましょう。

  • Twitter(アプリやWebブラウザ版Twitter)のセキュリティ設定でフィルタ設定が有効になっている

ということが前提となります。その結果として、画像や動画を含むツイート内容に不適切なものが含まれると判断された場合に、「…表示できません。」メッセージが表示されることになります。

“不適切な表現”のツイート内容を表示する方法

見れないとなると、「見たい」「読みたい」と思うのが人間のサガということもあるでしょう。「表示する」設定に変更したい場合にはユーザー側でマニュアルで設定を変更する必要があります。ちなみに、Twitterではデフォルトで「表示しない」設定になっています。以下の手順で、設定を「表示する」に変更することができます。ここではiPhoneのTwitter公式アプリからの変更方法を紹介します。

  1. まずは、iPhoneのTwitter公式アプリを起動して、該当の「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません。」表示コメントをタップします。
  2. すると、画面が切り替わって、「不適切な内容が含まれている可能性のあるツイートです」以降に「表示するには、…」下に[設定を変更]リンクがあるので、これをタップします。
  3. ここで、Twitter公式アプリからiPhoneの標準ブラウザであるモバイルSafariが立ち上がって、「プライバシーとセキュリティ」のページを表示します(ログインしていない場合にはログイン画面が表示されます)。設定の変更項目は「セキュリティ」セクションにあるので、画面を下にスクロールして「セキュリティ」セクションを探します。
  4. セキュリティ」セクションを探したら、その下にある「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」右サイドのチェックボックスをオン設定にします。

以上で「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」設定は完了です。

設定変更が完了したら、Twitterアプリを開いて見てください。表示できなかったツイートを確認すると、先ほどまで表示されなかったツイートの内容が表示されるようになっているはずです。

ちなみに、公式のTwitterアプリにも歯車アイコンの[設定]を開いて「プライバシーとセキュリティ」項目を見つけることができます。そして、この「プライバシーとセキュリティ」を開けば、上記モバイルSafariと同じように「セキュリティ」セクションを見つけることができます。ただ、この「セキュリティ」セクションに設定を変更する該当項目「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」は見当たりません。今回の設定変更については、今のところブラウザ版のTwitterアカウントにログインして変更する以外に方法はないようです。

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

  • これをしてもよめない。。。
     2018年08月18日 15:51

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。