0 / 140

KodiがUWP(Universal Windows Platform)アプリとしてXbox Oneに登場!

長い間、MicrosoftのXboxファンとして過ごしてきたユーザーであれば、XBMC(Xbox Media Center)を覚えている方も多いんじゃないでしょうか。このXBMCは、もともと初代Xboxのメディアセンターアプリケーションとして作成されましたが、次第にXbox以外のAndroidやiOS、BSDなどのOSに移植され、クロスプラットフォーム化していったものの、本家のXboxでのサポートは中止され、名称もKodiに変更されました。

Xbox_one_Kodi

そのKodiがUWP(Universal Windows Platform)アプリとして、再びXboxに戻ってきました。正確にはXbox Oneで利用できるようになりました。これはWindowsアプリケーション開発者イベント「Windows Developer Day(WDD)」で、Kodiが完全なUWPアプリに変換されると発表されたもの。

Kodiは、非営利組織であるXBMC Foundationにて開発されている無料のオープンソースメディアプレイヤーアプリケーションです。Windowsはもとより、macOS、LinuxやAndroid、iOSなどの主要のOSに対応しています。バージョン13までは「XBMC」という名称で、バージョン14から「Kodi」と名称を変更しました。

Kodi-devices-smudged

Kodiの最新バージョンは、現在ダウンロードできる正式版のバージョンはKodi 17(Krypton)で、iOS、Android、MacやWindows向けにリリースされています。現在、次期バージョン「Kodi 18(Leia)」が開発されており、まもなくXbox Oneでも利用できるようになるものと思われます。Xboxユーザーにとっては朗報ですね。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です