0 / 140

【iPhone X】画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できる方法と画面注視認識機能の説明

iPhone XFace IDを利用してロック解除する場合、デフォルトの設定では画面を注視(iPhoneをじっと見つめること)しなくてはロック解除されないようになっています。しかし、設定では画面を見なくてもロック解除できるようになることをご存知でしたか?少し便利になる反面、注意しなくてはいけないこともあるので、その点も含めてご紹介したいと思います。

iPhone Xの画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できる方法は?

画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できるようにする方法

画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できるようにするには、設定を変える必要があります。「設定」→「Face IDとパスコード」と開き、パスコードを入力します。

Face IDを使用するには注視が必要」のトグルボタンをOFF(白色。画像のはON状態)にします。これで画面を注視しなくてもFace IDでロック解除ができるようになります。

画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できるようにしたときの注意点

画面を注視しなくてもFace IDでロック解除できるようになっているのは、障がいなどで顔を動かしたり目を大きく開くこと等が難しい方々のためです。ここで注意していただきたいのは、注視する必要がなくなってFace IDを利用することが簡単になった反面、セキュリティの安全度の高さはぐっと落ちるということ。実際に、(恐らく中国で)寝ている人の顔にiPhone Xを向けてロック解除し、送金ができてしまったという動画も話題になっていました。

確かに注視する必要がないのであれば、寝顔でも当然解除できてしまうわけです。なのでよほどのことがない限り、注視機能はOFFにしないことをオススメします。

画面注視認識機能では何ができるのか

iPhone XはFace IDの他にも、画面を注視するかどうかで変わる機能があります。画面注視認識機能をONにしていると、ユーザーが画面を見ているときには通知音量を下げてくれたり、見ていないときには画面を暗くしたりしてくれます。普段この機能はONにしていても特に不便を感じる場面はあまりないかと思いますが、OFFにしたいという方はここから設定を変えられます。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です