0 / 140
CAPTCHA Image

【iOS 11】高速ワイヤレス充電はiOS 11.2でどれくらい高速で充電できるようになったのか

先日リリースされたiOS 11.2 Beta3にて、最大7.5Wの高速ワイヤレス充電が可能になっているとお話ししましたが、実際に充電速度を測って比べている人がいました!高速ワイヤレス充電はどれくらい早くなったのでしょうか?

高速ワイヤレス充電はiOS 11.2でどれくらい高速で充電できるようになったのか

ワイヤレス充電器を使用したiOS11.0とiOS11.2、有線充電器の充電速度をそれぞれ比較

こちらの記事でご紹介したとおり、iOS 11.2 Beta3のリリースノートに記載されていませんでしたが、最大7.5Wの高速ワイヤレス充電が可能になっていることはわかりました。


BIRCHTREEが、実際に充電速度を測って速度を比べています。

今回使用したワイヤレス充電器はSamsung製の充電器(ただし、この商品には具体的な電力値の記載がないとのこと)。
ワイヤレス充電器を使用したiOS 11.0とiOS 11.2では、グラフのとおり大差が見られませんでした。有線充電器(非ワイヤレス)に近い結果を望んでいた人がいたとしたら、この結果には正直がっかりしたのではないでしょうか。
2時間のテストで、iPhone 8 Plusは0から47%に。10分間に4%の充電量です。以前は同じ充電器で2時間で最大40%まで充電できたので、17%向上しました。確かに増加していますが、これだけでは「ワイヤレス充電は遅すぎる」という意見から「ワイヤレス充電器愛してる!」という意見には中々ならないですよね…。
2017年現在は、iPhoneを充電する最速の方法はいまだに有線充電であって、有線とワイヤレスの充電速度も僅差ではありません。箱型の充電器はあまり好かれていないですが、iPhone 8 Plusなら2時間で79%、さらにもう30分の充電でフル充電にすることができます。これって大きな違いです。
例えば常にワイヤレス充電器の上に置いておける環境があって、出かけるときには常に100%の状態にしておける人であればいいかもしれませんが、充電がもう残り数%しかなくてあと15分後には出かけなくてはいけないような状態のときには、ワイヤレス充電器は使っていられないですね。ワイヤレス充電器は15分で6%しか充電できませんが、急速充電器なら15分で23%も充電できるんですから。
今回は一個人の方の検証結果のため、使用する充電器等でも数字は変わってくるかと思うので一概には言えませんが、少なくともわたしたちの望むような”高速”ワイヤレス充電には残念ながらまだまだのようです。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です