0 / 140

【日本語入力ソフト】入力言語が勝手に切り替わってしまう? 解決方法のご紹介!

ATOKやGoogleIMEなど、初めて新しい日本語入力ソフトをインストールするとぶちあたる壁かと思います。普通に作業をしているだけ(のつもり)なのにはじめからOSに搭載されているMS-IMEと新しく入れた日本語入力ソフトがころころ切り替わってしまうんですよね。

私も何が起こっているか分からなかった当初はExcelを使うたびに切り替わってまたか!またか!と切り替え直していました。
aaa

それもそのはず、入力ソフトをインストールするとデフォルトで「Ctrl+Shiftで入力ソフトを切り替え」という設定がされるのです。

Excelを使っているとCtrl+Shiftなんてバンバン使います。数え切れないほどバンバン使った後、入力ソフトがどちらになっているかで運試しができます♪

と、喜んでいた時期は一瞬で終わりました。


というわけで今回は設定の外し方をご紹介します!

といってもコントロールパネルの設定を変えるだけなので簡単です。
VistaとWin8.1でやってみました。

1. コントロールパネルを開いて「時計、言語、および地域」からそれぞれ入力方法の変更を選択

【Vistaの場合】
キャプチャ【Win8.1の場合】
スクリーンショット (73)

2. それぞれ「キーボードまたは入力方法の変更」「詳細設定」を選択

Win8.1は分かりにくい位置にありますね……。左上です。

【Vistaの場合】
キャプチャ2【Win8.1の場合】
スクリーンショット (74)

3. それぞれ「キーボードの変更」「言語バーのホットキーの変更」をクリック

【Vistaの場合】
キャプチャ3【Win8.1の場合】
スクリーンショット (75)

4. タブを「全般」から「詳細なキー設定」に変え、「キーシーケンスの変更」をクリック

あとはどちらのOSも同じ、こんな画面が出てくるので画像は省略します。(画面はVistaのものです)

キャプチャ5

5. いたぞ!こいつだ!!

キャプチャ6

6. 設定変更完了

あとは「適用」「OK」を押しまくって完了です!

キャプチャ7

最後に

簡単ですね! サポートセンターにも文章が載っていますが、画像も一緒につけてみました。

ここまで書いて、新しいソフトを入れたら前のソフトを削除してしまう方が多いのでは……? と気付く。

で、でも、MS-IMEに慣れてしまっていたらたまに使いたくなるかもしれませんし……今回は共存の方向でご紹介しましたということで……。

ちなみに私も最近ATOKを入れましたので、また別の記事でご紹介したいと思います!

The following two tabs change content below.
アバター
「共感」をモットーにパワフルな記事を書いていきたいと思います。ブログを書いているとよく自分の世界に入り込んでしまいます。読みにくくなるので直したいとは思っているのですが道は長そうです。お手柔らかにお願いします。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です