0 / 140

Mozilla、Firefox 59.0.1デスクトップ向け修正版リリースで、オーディオデータを処理している間にメモリが不足してしまう問題を修正

Mozillaは2018年3月17日、Windows、Mac、Linuxなどデスクトップ向けのWebブラウザFirefoxのメジャーアップデート版として先日3月14日に登場した「Firefox 59.0」初の修正バージョン「Firefox 59.0.1」をリリースされました。

Firefox 59では、ページの読み込み時間をさらに短縮する「Race Cache With Network」という新しい機能が追加されて、さらなるブラウジングの高速化が図られています。

今回の修正バージョンでは、「Firefox 59.0」リリース以降に見つかったセキュリティ脆弱性に対する対応が行われています。Mozillaのセキュリティ重要度区分において“最高”レベル「Critical」に該当するもので、フリーの音声ファイルフォーマット「Vorbis」オーディオデータを処理している間にメモリが不足してしまう問題の修正が行われています。

Firefox 59.0.1デスクトップ版リリースノート

修正

Various security fixes

セキュリティ修正

上記で記述したように、Mozillaのセキュリティ重要度区分において“最高”レベル「Critical」に該当する修正として「フリーの音声ファイルフォーマット「Vorbis」オーディオデータを処理している間にメモリが不足」してしまう問題についての対応が行われています。

Mozillaは、6〜8週間隔で新しいFirefoxのバージョンをリリースしています。Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップ向け次期メジャー・アップデート版「Firefox 60」は2018年5月9日(水)のリリース予定となっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です