0 / 140

Apple、「iCloud for Windows 7.8.1」最新版リリースで、Windows 10 October Updateとの互換性の問題を修正

Appleは本日2018年11月28日、「iCloud for Windows 7.8.1」をリリースしました。Windows向けiCloudアプリを使用することで、携帯用のデバイスだけでなくWindowsパソコンでも写真、ビデオ、メール、カレンダー、ファイルなどのiCloudにある情報を確認することができるようになります。

今回の「iCloud for Windows 7.8.1」リリースに際しては、Microsoftが「Windows 10 October Update (1809)」リリース問題で「iCloud for Windows 7.7.0.27」での互換性問題、および共有アルバムのアップデートや同期に関する問題を指摘し、Appleとともに対応バージョンを開発中であることが伝えられていました。

ただし、今回のリリースノートを見る限り、更新についての情報としては「iCloud for Windows のセキュリティを改善するもの」とのみとなっています。けれど、ブログニュース「9to5Mac」などによると、「Windows 10 October Update (1809)」との互換性の問題が修正され、「iCloud for Windows」最新バージョンの必要要件についても「Microsoft Windows 7 以降」へと修正されています。

「iCloud for Windows 7.8.1」の新機能

この更新は、iCloud for Windows のセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。

iCloud for Windows 7.8.1 の必要条件:

  • Microsoft Windows 7 以降
  • Outlook 2007 以降または iCloud.com (メール、連絡先、カレンダー用)
  • Internet Explorer 10 以降、Firefox 30 以降、または Google Chrome 28 以降(ブックマーク用)

詳しくは、iCloud のシステム条件を参照してください。

この更新のセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

Source:Apple

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です