0 / 140

Mozilla、Thunderbird 60.5.2デスクトップ向け修正版リリース。”送る > メール受信者” の操作を行うとクラッシュする問題などを修正

Mozillaは2019年2月26日(現地時間2月25日)、Windows PC、MacおよびLinux向けメールクライアントThunderbirdの最新バージョン「Thunderbird 60.5.2」をリリースしました。

今回のアップデートでは、Windowsの特定の環境での”送る > メール受信者” 操作を行った際にクラッシュする問題や、Outlookから送信されたメッセージでのS/MIME証明書の検証問題などが修正されました。

Thunderbird 60.5.2リリース ノート

修正

  • Windowsの特定の環境において、”送る > メール受信者” の操作を行うとクラッシュする問題を修正 (MAPI インターフェイス)
  • MAPISendMail での UTF-8 サポート
  • Outlookから送信されたメッセージにおける S/MIME 証明書の検証に関する問題を修正 (バージョン 60.5.1 で発生)

既知の問題

  • Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
  • チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

ThunderbirdのカレンダーアドオンであるLightningをインストールしている場合には、Windows、Mac、Linux向けメールクライアント「Thunderbird」の新しいバージョンに合わせて自動的に更新されます。

ただ、既存のThunderbird 5以降からの自動アップデートは停止されているので、以下のようにメニュー「Mozilla Thunderbirdについて」から新規ダウンロードを行う必要があります。

システム要件

  • Windows:Windows 7、Windows Server 2008 R2以降
  • Mac:Mac OS X 10.9以降
  • Linux:GTK + 3.4以上。

また、新規にダウンロードする場合などでは、MozillaのThunderbirdダウンロードサイトからダウンロードすることができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です