0 / 140

「OneDrive 19.222.1110」Mac向け最新版をリリース。Office アプリケーション間で資格情報を共有

Microsoft Corporationは、ファイルを保管すると、どこからでもファイルにアクセスして共有することができるアプリOneDriveがアップデートし、Mac向け最新バージョン「OneDrive 19.222.1110」をリリースしました。

今回のバージョンアップでは、前回バージョン「OneDrive 19.192.0926」リリース以降に見つかったバグの修正およびパフォーマンスの強化とともに、Officeアプリケーション間での資格情報を共有出来る新機能が追加されました。

OneDrive 19.222.1110 (無料)
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation(サイズ: 47.62 MB)
全てのバージョンの評価: (909件の評価)

「OneDrive 19.222.1110」の新機能

OneDrive をご利用いただきありがとうございます。最新のパフォーマンス強化やバグ修正をお届けする通常の更新プログラムに加え、次の新しい機能を段階的にお客様に展開します。
OneDrive が Office アプリケーション間で資格情報を共有できるようになりました。 最初に OneDrive または Office のどちらにサインインしても、再プロンプトを表示せずに同じアカウントを設定できます。
条件付きアクセスのサポートが追加されました。

スクリーンショット

OneDrive 19.222.1110 (無料)
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation(サイズ: 47.62 MB)
全てのバージョンの評価: (909件の評価)

The following two tabs change content below.
Staff
moshbox盛上げ隊!moshメンバーによる、日々のApps更新情報(iOS・Mac)の配信や、お問い合わせ対応、moshboxの運営・編集を行っています。誰が書いたか分からない!マニアな方々は是非誰が書いたか想像してみて下さい。こちらは基本まじめに配信しております。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です