0 / 140
CAPTCHA Image

Mozilla、Firefox 53.0デスクトップ向けメジャーアップデート。Windows XPおよびVista、32ビット版OS Xのサポートを終了

Mozillaは本日4月20日、Windows、Mac、Linuxなどデスクトップ向けのメジャーアップデートとなる正式版「Firefox 53.0」をリリースしました。今回のデスクトップ向け最新版は、3月8日にリリースしたFirefox 52.0から約1ヶ月半(6週間)を経過してのリリースで、予告リリース日の4月18日(火)より2日遅れのリリースとなっています。

Firefox53.0

今回のアップデートでは、Windows XPおよびVista、32ビット版OS Xへの対応が打ち切られ、同OSユーザーはFirefoxのサポートを受けるにはFirefox 52延長サポート版(ESR)を使用することになります。これによって、1年間セキュリティ更新を受けられることになります。

新機能としては、Windows上でグラフィックス関連の安定性を向上させたコンポジタープロセス (Quantum Compositor) を新たなに追加しています。その他、使用パソコンにWindows 7以降の64ビット版OSを搭載するユーザー向けに32ビット版と64ビット版のいずれかを選べる機能や、リーダーモードでの表示ページ予想読了時間などが新たな機能として追加されました。

Firefox530.Update

Firefox 53.0 デスクトップ版の新しい機能

新機能

  • 新たなコンポジタープロセス (Quantum Compositor) の追加によって、Windows 上で グラフィックス関連の安定性が向上しました
  • Firefox Developer Edition のテーマを元にした、明るめと暗め 2 種類の新しい「コンパクト」テーマが利用可能となりました。
  • プライベートブラウジングウィンドウにも軽量テーマが適用されるようになりました。
  • リーダーモードにページの予想読了時間を追加しました。
  • Windows 7 以降の 64 ビット版 OS ユーザーは、スタブインストーラー上で 32 ビット版と 64 ビット版を選べるようになりました。

変更

  • 許可設定通知に よりすっきりとしたデザイン を採用し、簡単に見過ごされないようにしました。
  • Windows XP および Vista への対応は打ち切られました。Firefox 52 延長サポート版 (ESR) を使用している XP、Vista ユーザー には、あと 1 年セキュリティ更新の提供が継続されます。
  • 32 ビット版 OS X への対応は打ち切られました。32 ビット版 OS X ユーザーは Firefox 52 ESR へ乗り換える ことで引き続きセキュリティ更新を受け取れます。
  • macOS 向け更新のダウンロードサイズが Firefox 52 と比較して小さくなりました。
  • 新たに開かれたページにメディアが含まれていた場合、そのタブが選択されるまで再生を保留するようにしました。
  • Linux 版では Pentium 4 や AMD Opteron 以前の古いプロセッサーを搭載したパソコンへの対応が打ち切られました。
  • 音声・動画コントロールのデザインを刷新しました。
  • タブ上に表示されるページタイトルが長くて収まりきらない場合、省略記号を使う代わりにフェードアウトするようにして可読性を向上させました。

開発者

  • 背景が透明な動画の再生を可能にする、アルファチャンネル付き WebM 動画に対応しました。

なお、開発者に影響するFirefox 53の詳しい変更点についてはこちらを参照ください。

Mozillaは、6〜8週間隔で新しいFirefoxのバージョンをリリースしています。Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップ向け次期メジャー・アップデート版「Firefox 54」は2017年6月19日(月)のリリース予定となっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です