0 / 140
CAPTCHA Image

【Facebook】FacebookとPedigreeがカメラの「犬エフェクト」を使って里親探しができる取り組みを実施

Facebookが、大手ドッグフードメーカーのPedigree(ペディグリー)と共に、カメラの「犬エフェクト」を使って、捨て犬とマッチングさせるというユニークな取り組みを実施しています。

FacebookとPEDIGREEがカメラの「犬エフェクト」を使って里親探しができる取り組みを実施

気に入った犬エフェクトマスクと同一の犬種を保護施設の犬たちからマッチング

使用するのは、Facebookのカメラで使える「犬エフェクト」。自分の顔に犬のマスクをあてはめて好きな犬になりきれる、というものです。
アメリカのドッグシェルターに多くいるピットブル、ハスキー、ヨークシャーテリアなどの犬種のマスクを被ることができる「Pedigree Adopted mask」がリリースされました。(すみません、残念ながら現在日本では使えません。)

カメラを起動し、好きなマスクを選択します。顔を左右に振ると犬種を簡単に変えることができます。

気に入った犬種のマスクで頷くと、保護施設にいる同犬種の情報が表示され、自宅の郵便番号を入力すれば近隣シェルターで引き取り可能な子がいないかを知ることができます。

カメラエフェクトで楽しむことができるだけでなく、里親探しまでできてしまう取り組みって素敵ですね。日本のFacebookも、選出議員の紹介なんてしていないでもっとこういう有意義な取り組みをしてほしいなあ~、と思います。(選出議員だの台風のセーフティーチェックだの、最近のFacebookには不満が募っているAbiです。)

The following two tabs change content below.
Abi
愛犬のボルゾイとウィペットを溺愛中なアメ車乗り。ガジェットにゲーム、食べることも大好き。あ、大盛りでお願いします(´・ω・`)照。Twitterも宜しくお願いします!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です