0 / 140

iPhone 7/7 Plusを水没させてしてしまったときの対処法は?

Appleは、iPhone 7/7 Plusは防沫性能、耐水性能を装備し、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合していると言っています。これからは、ユーザーはiPhoneが濡れても心配する必要はない?けれど、もしiPhoneが水洗トイレなど水の中に落ちてしまった場合には、そうはいきませんよね。水没してしまった場合には、いきなり充電したりすると元も子もありません。今回は、水没させてしまったiPhoneの扱いについてのTipsです。

iPhone_Water_Resistant

Appleは、iPhone 7とiPhone 7 Plusの防水性能について以下のようにコメントしています。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。

ということで、絶対にやってはいけないことは、濡れているiPhoneを「充電しない」ことです。これは小学校の頃に習った理科の電気と水の関係についての授業が役に立つかもしれませんね。そして以下のことを丹念に実行しましょう。

iPhoneが完全に乾くまで充電しない!

iPhoneを水没させてしまったときの対処手順

iPhoneを水没させてしまった場合には、まず「iPhoneが完全に乾くまで充電しない」ことを肝に命じておきましょう。そして以下の一連の手順を一つひとつ丁寧に行いましょう。決して、パニクってはいけません!

  1. まずは、ightningアクセサリなどすべてのケーブルやドングルを本体から取り外します。濡れているiPhoneでケーブルを接続してイヤホンを使用したり、充電したりすると、デバイス本体を損傷させる可能性があり、使用不能になりかねません。
  2. 次に、柔らかく、糸くずの出ないタオルでiPhone本体の水分を拭き取ります。
    iPhone_Water_Resistant-01
  3. そして、Lightningコネクタを下に向けた状態で、手のひらに乗せてiPhoneを軽くたたいて余分な水分を取り除きましょう。
  4. 空気乾燥させます。濡れたiPhoneを風通しのよい乾燥した場所に置き、空気乾燥させます。Lightningコネクタの中にファンの冷気を直接当てると早く乾かすことができます。ドライヤーなどの外部熱源を使って乾かしたり、Lightningコネクタに綿棒や紙タオルなどの異物を入れたりしてはいけません。焦りは禁物です。辛抱強く乾くのを待ちましょう。
  5. そして、5時間以上の間をあけて、感想を確認してから充電やLightningアクセサリの接続を試みるようにしましょう。

Appleは、iPhone 7/7 Plusの防水性能を謳っているにもかかわらず、「液体による損傷は保証対象外」であるとしています。つまり、自分のiPhoneは自分で守らなければいけないということです。みなさん、水没のトラブルには気をつけましょう。そして、その時はパニクらずに慎重に対処しましょう。それにしても、トイレなんかで便器に落とすっていうシチュエーションはありそうだよなあ…。

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です