0 / 140

iOS 10.3アップデートから搭載されるHFS+の後継ファイルシステムApple File System(APFS)

Appleは、昨年2016年6月に開催した毎年恒例の開発者会議「WWDC 2016」で、iOS 10やmacOS Sierraなどのオペレーションシステム、SiriやPhotos、Newsなどのさまざまなアプリケーションが紹介されました。その各種デモンストレーション後に、新しいファイルシステムを2017年にAppleの各種デバイスに導入することを目指した発表がありました。

Apple_File_System

そして2017年1月25日、iPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けのオペレーションシステム「iOS 10.3 beta 1」が開発者向けにリリースされました。この最新のOS「iOS 10.3」の主要なアップデートとして、iデバイスにこれまでのファイルシステムソフトウェアHFS+からその後継であるApple File System(APFS)に変更、アップグレードされました。

AppleのiOS 10.3 Beta 1リリースノートによると、

When you update to iOS 10.3, your iOS device will update its file system to Apple File System (APFS). This conversion preserves existing data on your device. However, as with any software update, it is recommended that you create a backup of your device before updating.

「iOS 10.3にアップデートすると、iOSデバイスのファイルシステムはAPFSにアップデートされます。」そして「この変換により、デバイス上の既存のデータが保持されます。」ただし「ソフトウェアアップデートと同様に、更新する前にデバイスのバックアップを作成することをお勧めします。」

Appleは今年後半にはiOSだけでなく、MacやApple TV、Apple Watchなどの各種デバイスのOSすべてに、このHFS+以来約30年ぶりとなる新しいファイルシステムソフトウェア「APFS」を順次組み込んでいくものと思われます。

そして今回「APFS」を組み込んだiOS 10.3をインストールしたiPhoneと、現行のファイルシステム「HFS+」を搭載するiOS 10.3以前のOS(iOS 10.2.1)で動作する同じ機種とのスピード比較テストの結果では、APFSの優位性は明らかとなっています。

Apple File System(APFS)とは?

iPhoneやiPad、そしてMacにしろApple Watchにしても、ファイルシステムがなければ動作することはできません。そう、iOSやmacOSのAppleオペレーティングシステム内で、記憶装置がハードディスクドライブ、あるいはSSD(solid state drive)であっても、その中にはファイルシステムの存在があります。

現行のAppleデバイス、iPhoneやiPad、MacではHFS +(Hierarchical File System Plus)というファイルシステムが使用されています。HFS +のルーツは1085年にMac System 2.1に導入されたAppleオリジナルの階層ファイルシステムです。30年以上に渡って、同一のファイルシステムがしようされ続けていたことに、思わず驚いてしまいますね。

そして、30年以上経過しているファイルシステムHFS +の積み重ねられた技術を元に、2017年1月に開発者向けにリリースされたiOS 10.3 beta 1から、新しいファイルシステムAPFS(Apple File System)が公開されました。

今後公開されるAppleのオペレーティングシステムには、順次このAPFS(Apple File System)が組み込まれることになります。すでにリリースされているiOS 10およびmacOS Sierra、tvOS 10、watchOS 3などの既存のAppleデバイスを含めて、この新しいファイルシステムが新しいユーザー体験をわたしたちにもたらします。

Appleは、Apple File System(APFS)の紹介をWWDC 2016の中で行なっており、そのビデオが公開されています。興味のある方はご覧ください。

The Apple File System (APFS) is the next-generation file system designed to scale from an Apple Watch to a Mac Pro. APFS is optimized for Flash/SSD storage, and engineered with encryption as a primary feature. Learn about APFS benefits versus HFS+ and how to make sure your file system code is compatible.

「Apple File System(APFS)は、Apple WatchからMac Proまで拡張できる次世代のファイルシステムです。 APFSはFlash / SSDストレージに最適化されており、暗号化を主な機能として設計されています。 HFS +に対するAPFSの利点と、ファイルシステムコードが互換性があることを確認する方法について学びます。」

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です