0 / 140

【Apple】iPhoneのバッテリ劣化で、iPhoneが遅くなったり性能が下がる問題について正式コメント

iPhoneを長く使っていると、「充電の減りが早くなったら、なんか動きが遅くなったな」と感じることはありませんか?わが家でも「iPhoneは長くても2年間でiPhoneの調子が悪くなる気がする。遅くなる。」とよく話します。先日この件について海外でも話題になっていましたが、これが単なる感覚ではなく事実であることがわかりました。Appleが米国時間の12月20日、iPhoneの一部の機種で性能を意図的に抑える場合があることを認めましたリチウムイオンバッテリの経年劣化などによって、シャットダウンが起きる問題を防ぐためだとのことです。

AppleがiPhoneのバッテリ劣化で、iPhoneが遅くなったり性能が下がる問題について正式コメント

理由はリチウムイオンバッテリの経年劣化などによってシャットダウンが起きる問題を防ぐため?

先日、海外の掲示板サイトRedditへの投稿が話題になりました。内容は、使用しているiPhone6SにiOS 11をインストールしたところ動作が悪化、バッテリーを交換したらGeekBenchのパフォーマンスが劇的に向上したため、AppleはiPhoneのパフォーマンスを意図的に制御しているのではないかと指摘されたことでした。また、このベンチマークアプリGeekbenchで知られるPrimate Labsのジョン・ポール氏も、iPhone6sとiPhone7のiOSバージョンごとのベンチマークスコアの分布を公開し、古くなったiPhoneの一部ではパフォーマンスが大幅に下がっていることを明かしました

するとAppleがTechCrunchを通じて米国時間の12月20日に正式にコメントを発表しました。

私たちの目標は、お客様に最高の体験をお届けすることです。総合的なパフォーマンスの維持もデバイスの寿命を延ばすこともその内の一つです。リチウムイオンバッテリは、気温が低い環境やバッテリ充電が十分でない場合、またバッテリの経年劣化によって電流量が減少します。その結果、デバイスを保護するために予期せぬシャットダウンをする恐れがあります。
昨年、当社はiPhone6、iPhone6S、iPhoneSEを対象に、前述の状態でデバイスが突然シャットダウンされるのを防ぐ必要がある場合に作用される機能をリリースしました。さらにiOS 11.2を搭載したiPhone7にもこの機能を導入しました。今後、他の製品にもサポートを追加する予定です。

つまり、iPhoneのバッテリーが劣化していることを感知すると、CPUの動作速度を抑制して突発的なシャットダウンなどの問題に直面することを回避しているということです。Appleとしては「新しいデバイスを買わせるために、古いデバイスの性能を意図的に低下させているのではないか」という疑惑を否定したくてすぐさま公式から説明したのでは、と言われています。

とはいえ私を含めて私の周りの人たちも、「Appleは新しいデバイスを買わせるために何かしている」と現に思っていましたし、そう思っていながらも、どんなに長くても2年使用したら新しいiPhoneに買い替えてきたのも事実なので、Appleが古い機種の性能を低くさせている理由はさておき、その事実に対して「やっぱりそうなんだ」という程度の認識でした。
また、あくまでもバッテリの劣化が原因ですので、もし長く使いたいのであればバッテリを劣化させるようなことは避けるようにし、万が一劣化してきてiPhoneの動作に影響が出始めた場合には、バッテリの交換も一つの選択肢です。

こちらもチェック!

source:TechCrunch

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です