0 / 140

Appleは、App Storeをサポートした最新バージョン「iTunes 12.6.4.3」を静かにリリースしています。

AppleがApp Storeを利用できるiTunesバージョン12.6.3をアップデート、iTunesを利用してアプリをインストールしている企業ユーザー向けの名目で最新バージョン「iTunes 12.6.4.3」を静かにリリースしています。

この情報は、米国のニュースブログサイトMac RumorsRedmond Pieなどによって報じられているもので、実際にAppleの英語サポートページ「Deploy apps in a business environment with iTunes」で利用可能であることが紹介されています。Mac向けはもとより、Windows パソコン 32ビット版や、Windows パソコン 64ビット版向けの「iTunes 12.6.4.3」をダウンロードすることが可能です。

ただし、日本のAppleサポートページ「企業環境で iTunes を使って App を配布する」では配布されていないので、注意が必要です。

3月20日にはすでにアップデートバージョン「iTunes 12.6.4.3」が静かにリリースされていたものの、残念ながらリリースノートは存在せず、更新内容の詳細は不明のようです。推測となってしまいますが、App Storeと着メロ管理機能を復活させた前バージョン「iTunes 12.6.3」リリース以降に見つかった不具合や細かなバグの修正、パフォーマンスおよび安定性の改善のみを行なったマイナーアップデートであると思われます。

Applehは昨年2017年9月13日にリリースした「iTunes 12.7」でiTunes上にあったApp Store機能を削除して以降、企業ユーザーなどの要望を入れる形で「iTunes 12.6.3」を公開、App Storeを利用したい一般ユーザーでも手動でインストールできるようなっています。

ただ、今回の「iTunes 12.6.3」から「iTunes 12.6.4.3」への自動アップデート機能は提供されておらず、利用したいユーザーはダウンロードサイトにアクセスして手動でインストールする必要があります。

Source:Apple Support

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です