0 / 140

「Final Cut Pro 10.4.3」Mac向け最新版リリースで、オーディオチャンネルがミックスダウンされる問題などを解決。

iTunes K.K.は、Appleが開発・販売するノンリニアビデオ編集を目的としたmacOS向けMac向けソフトウェア「Final Cut Pro」をアップデートし、Mac向け最新バージョン「Final Cut Pro 10.4.3」をリリースしました。

今回のバージョンアップでは、DJI D-Log設定のDJI Inspire 2ドローンから取得したProRes RAWファイルの表示と編集をサポートしました。また、ブラウザ内の複合クリップから未使用のレンダリングファイルを正常に削除、あるいは一部のPanasonic P2ビデオファイルを読み込むときに、オーディオチャンネルがミックスダウンされる問題が修正されました。

Final Cut Pro 10.4.3 (¥34,800)
カテゴリ: ビデオ,写真
販売元: iTunes K.K. – Apple(サイズ: 2999.90 MB)
全てのバージョンの評価: (581件の評価)

「Final Cut Pro 10.4.3」の新機能

  • DJI D-Log設定のDJI Inspire 2ドローンから取得したProRes RAWファイルの表示と編集がサポートされます
  • ブラウザ内の複合クリップから未使用のレンダリングファイルを正常に削除できるようになりました
  • 一部のPanasonic P2ビデオファイルを読み込むときに、オーディオチャンネルがミックスダウンされる問題が解決されました

バージョン10.4.2 で導入された機能

  • Shiftキーまたはマーキー選択を使って複数のクリップを選択すると、タイムライン内のほかのクリップが予期せず選択されてしまう問題が解決されました
  • XMLの読み込み/書き出しに関連する問題が解決されました

バージョン10.4.1 で導入された機能

クローズドキャプション

  • Final Cut Proプロジェクトにキャプションファイルを読み込み、接続され同期されたキャプションをタイムラインで自動的に作成
  • キャプションをビューアに直接表示
  • インスペクタを使ってテキスト、カラー、画面上の位置、タイミングを調整
  • 複数の言語とフォーマットのキャプションを同じタイムラインで作成
  • タイムラインインデックスに追加された“キャプション”タブで、テキストを検索、キャプションを選択、キャプションのバージョンをすばやく切り替え
  • タイムラインでオーディオクリップやビデオクリップにキャプションを接続
  • ビデオに埋め込まれたキャプションを抽出し、Final Cut Proで直接編集
  • ワンステップでプロジェクトをCompressorに送り、オーディオファイル、ビデオファイル、キャプション、字幕を含むiTunes Store対応のパッケージを簡単に作成
  • 検証インジケータで、キャプションのオーバーラップ、不適切な文字、無効なフォーマットなどの一般的なエラーについて即座に警告
  • 書き出すビデオファイルにキャプションを埋め込むか、別個のキャプション・サイドカー・ファイルを作成
  • キャプション付きのビデオをYouTubeとVimeoに直接共有 • CEA-608とiTTのクローズド・キャプション・フォーマットをサポート

ProRes RAW

  • ProRes RAWファイルのサポートにより、 カメラセンサーからのRAWイメージデータをそのまま使って読み込み、編集、グレーディング
  • RAWイメージデータにより、ハイライトとシャドウの調整時に最高の柔軟性を実現。HDRワークフローに最適
  • ラップトップとデスクトップのMacコンピュータでスムーズな再生とリアルタイムでの編集が可能
  • 高効率のエンコーディングでProRes RAWファイルのサイズを縮小し、カメラのカードやストレージデバイスに保存できる素材を増量
  • ProRes RAWフォーマットは元のイメージデータがより多く保持されるため、アーカイブ用に最適
  • ATOMOSレコーダーとDJI Inspire 2ドローンで作成されたProRes RAWファイルまたはProRes RAW HQファイルにネイティブで対応

書き出し機能の強化

  • 共有パネルに追加された“ロール”タブで、タイトルロール、ビデオロール、オーディオロールを1つの統合インターフェイスに表示
    • 書き出すビデオファイルに含めるロールをすばやく表示、選択
    • タイムラインのロール設定と有効/無効の状態を共有パネルに反映
    • ビデオファイルにクローズドキャプションを埋め込むか、CEA-608またはiTTフォーマットの別個のキャプション・サイドカー・ファイルを作成

    バージョン10.4で導入された機能
    360 VR編集

    • 360°エクイレクタングラービデオを読み込んで、さまざまなフォーマットとフレームサイズで編集
    • 接続したVRヘッドセットに360°ビデオを出力*

    高度なカラーグレーディング

    • ヒュー、サチュレーション、ブライトネスを調整できる統合スライダで従来のホイールを改良した、強力な新しいカラーホイール
    • カラーとコントラストを変更する複数のコントロールポイントを使って、極めて精密な調整を行えるカラーカーブ
    • イメージの他の部分は変更せず、特定のヒューまたはブライトネスレベルを選択して調整を行えるヒュー/サチュレーションカーブ

    ハイダイナミックレンジ

    • HDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオをRec. 2020 HLGまたはRec. 2020 PQ for HDR10で読み込み、グレーディング、配信

    追加機能

    • iMovie for iOSプロジェクトを直接Final Cut Proに送信し、高度な編集、オーディオ操作、仕上げ作業を実施
    • Apple製デバイスからHEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)ビデオクリップとHEIF(High Efficiency Image Format)写真を読み込み、再生、編集**
    • Compressorに送信し、ビデオプロジェクトをHEVCフォーマットで書き出し

    * 互換性のあるVRヘッドセット、macOS High Sierra、およびSteamVRが必要です
    ** HEVCおよびHEIFのサポートにはmacOS High Sierraが必要です

    スクリーンショット

    Final Cut Pro 10.4.3 (¥34,800)
    カテゴリ: ビデオ,写真
    販売元: iTunes K.K. – Apple(サイズ: 2999.90 MB)
    全てのバージョンの評価: (581件の評価)

    The following two tabs change content below.
    Staff
    moshbox盛上げ隊!moshメンバーによる、日々のApps更新情報(iOS・Mac)の配信や、お問い合わせ対応、moshboxの運営・編集を行っています。誰が書いたか分からない!マニアな方々は是非誰が書いたか想像してみて下さい。こちらは基本まじめに配信しております。

    つぶやき

    Facebookのコメント

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です