0 / 140

Mozilla、Thunderbird 52.9.1修正版リリースで、添付ファイルの削除あるいは除去を行うとメッセージが破損することがある問題を修正。

Mozillaは2018年7月12日(現地時間7月11日)、Windows PC、MacおよびLinux向けメールクライアントThunderbirdの修正バージョン「Thunderbird 52.9.1」をリリースしました。

今回のアップデートは、前回リリースされた「Thunderbird 52.9.0(7月4日)」からほぼ1週間を経ての修正バージョンのリリースとなります。

今回の修正内容は、特定の環境下で添付ファイルの削除あるいは除去を行うとメッセージが破損することがある問題に対処しています。

Thunderbird 52.9.1のリリースノート

変更

  • アカウントがオンラインであっても、ThunderbirdはIMAPフォルダのコンパクト化を促すようになりました。

修正

  • 特定の環境で、添付ファイルの削除あるいは除去を行うとメッセージが破損することがある問題を修正

なお、Thunderbird 52.9.0の新機能や修正・変更内容についてはこちらを参照してください。


この最新修正バージョン「Thunderbird 52.9.1」については、Windows PC、Mac、およびLinux版が公開されており、Mozillaの「Thunderbirdダウンロード」サイトよりダウンロード可能となっています。

既存のThunderbird 5以降を使用しているユーザであれば自動アップデート経由で通知されます。通知が待てない場合には、ヘルプメニューの「Thunderbird について」より手動でアップデートすることも可能となっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です