0 / 140

Mozilla、Thunderbird 52.9.0修正版をリリース。重要度区分ランク「最高」3件を含むセキュリティ脆弱性に対応しており、早めのアップデートが推奨されます。

Mozillaは2018年7月4日(現地時間7月3日)、Windows PC、MacおよびLinux向けメールクライアントThunderbirdの修正バージョン「Thunderbird 52.9.0」をリリースしました。

今回のアップデートは、前回バージョン「Thunderbird 52.8.0」リリース(5月19日)以降、約1ヶ月半ぶりの修正版リリースとなります。

修正内容としては、アアカウントがオンラインであっても、IMAPフォルダの最適化の際に確認を行うようになりました。また、攻撃のために加えられた HTML上の細工を除去したり、攻撃者に復号したコンテンツを明らかにしてしまうことにつながる下位メッセージ部の暗号化を行わないように、EFAILの脆弱性についての修正が行われています。「シンプル HTML」ビューを使用しているときにメッセージの転送で発生する多くの問題を修正しています。

Thunderbird 52.9.0のリリースノート

変更

  • アカウントがオンラインであっても、IMAPフォルダの最適化の際に確認を行うようになった。

修正

  • EFAIL 脆弱性の完全な修正: 1) 攻撃のために加えられた HTML上の細工を除去 2) オプション: 攻撃者に復号したコンテンツを明らかにしてしまうことにつながる下位メッセージ部の暗号化を行わないようにできるようになった。これを有効にするには設定エディタで mailnews.p7m_subparts_external を true にする必要がある
  • メッセージ表示形式を「シンプル HTML」にしている場合にメッセージの転送で発生する多くの問題を修正しました。
  • Various security fixes

セキュリティ修正

今バージョンでのセキュリティ脆弱性についての対応は、Mozillaが公開したセキュリティアドバイザリによると全部で12件となっています。内訳としては、重要度区分最高ランクの[critical]が3件、次いで高い[high]が5件、中である[moderate]が3件、低である[low]が1件となっています。キャンバス要素の計算サイズを使用したバッファオーバーフローなど数々のセキュリティ修正が含まれており、早めのアップデートを行うことが推奨されます。

  • critical]CVE-2018-12359: Buffer overflow using computed size of canvas element
    A buffer overflow can occur when rendering canvas content while adjusting the height and width of the <canvas> element dynamically, causing data to be written outside of the currently computed boundaries. This results in a potentially exploitable crash.
  • critical]CVE-2018-12360: Use-after-free when using focus()
    A use-after-free vulnerability can occur when deleting an input element during a mutation event handler triggered by focusing that element. This results in a potentially exploitable crash.
  • critical]CVE-2018-5188: Memory safety bugs fixed in Firefox 60, Firefox ESR 60.1, Firefox ESR 52.9, and Thunderbird 52.9
    Mozilla developers and community members Alex Gaynor, Christoph Diehl, Christian Holler, Jason Kratzer, David Major, Jon Coppeard, Nicolas B. Pierron, Jason Kratzer, Marcia Knous, and Ronald Crane reported memory safety bugs present in Firefox 60, Firefox ESR 60, Firefox ESR 52.8, and Thunderbird 52.8. Some of these bugs showed evidence of memory corruption and we presume that with enough effort that some of these could be exploited to run arbitrary code.
  • highCVE-2018-12372: S/MIME and PGP decryption oracles can be built with HTML emails
    Decrypted S/MIME parts, when included in HTML crafted for an attack, can leak plaintext when included in a a HTML reply/forward.
  • high]CVE-2018-12373: S/MIME plaintext can be leaked through HTML reply/forward
    dDecrypted S/MIME parts hidden with CSS or can leak plaintext when included in a HTML reply/forward.
  • high]CVE-2018-12362: Integer overflow in SSSE3 scaler
    An integer overflow can occur during graphics operations done by the Supplemental Streaming SIMD Extensions 3 (SSSE3) scaler, resulting in a potentially exploitable crash.
  • high]CVE-2018-12363: Use-after-free when appending DOM nodes
    A use-after-free vulnerability can occur when script uses mutation events to move DOM nodes between documents, resulting in the old document that held the node being freed but the node still having a pointer referencing it. This results in a potentially exploitable crash.
  • high]CVE-2018-12364: CSRF attacks through 307 redirects and NPAPI plugins
    NPAPI plugins, such as Adobe Flash, can send non-simple cross-origin requests, bypassing CORS by making a same-origin POST that does a 307 redirect to the target site. This allows for a malicious site to engage in cross-site request forgery (CSRF) attacks.
  • moderate]CVE-2018-12365: Compromised IPC child process can list local filenames
    A compromised IPC child process can escape the content sandbox and list the names of arbitrary files on the file system without user consent or interaction. This could result in exposure of private local files.
  • moderate]CVE-2018-12366: Invalid data handling during QCMS transformations
    An invalid grid size during QCMS (color profile) transformations can result in the out-of-bounds read interpreted as a float value. This could leak private data into the output.
  • moderate]CVE-2018-12368: No warning when opening executable SettingContent-ms files
    Windows 10 does not warn users before opening executable files with the SettingContent-ms extension even when they have been downloaded from the internet and have the “Mark of the Web.” Without the warning, unsuspecting users unfamiliar with this new file type might run an unwanted executable. This also allows a WebExtension with the limited downloads.open permission to execute arbitrary code without user interaction on Windows 10 systems
  • low]CVE-2018-12374: Using form to exfiltrate encrypted mail part by pressing enter in form field
    Plaintext of decrypted emails can leak through by user submitting an embedded form by pressing enter key within a text input field.


なお、この最新修正バージョン「Thunderbird 52.9.0」については、Windows PC、Mac、およびLinux版が公開されており、Mozillaの「Thunderbirdダウンロード」サイトよりダウンロード可能となっています。既存のThunderbird 5以降を使用しているユーザであれば自動アップデート経由で通知されます。通知が待てない場合には、ヘルプメニューの「Thunderbird について」より手動でアップデートすることも可能となっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です